人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プロテインが効いた?

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ 新刊情報は → こちら ★★

ここ数ヶ月、横ばい状態だった体脂肪率がここ数週間下がってきました。ここ数週間で変えた生活習慣は、プロテイン粉末で蛋白質の補充を始めたことだけです。新たな筋トレを始めた等は一切ありません。

足首にウェイトを巻きつけてのウォーキングを始めたときも体脂肪率が下がり始めたのですが、下降曲線が1ヶ月ほどで横ばいになってしまったのです。

健康法の基本として食を細くしているのですが、この健康法で多くの方がミスをするのが、蛋白質不足に陥ることです。ですから、20代のときと同じ体重をキープしているにも拘らず、体がブヨブヨとたるんでいる、という不健康状態になります。体重だけを指標とするダイエットでの一番犯しやすいミスです。

蛋白質不足になると、筋肉の内部がどんどん脂肪と置き換わり、美味しそうな霜降り状態になる、とNHKの「試してガッテン」で紹介していました。筋肉量が減るので、体を釣り上げる力が不足し、体のあちこちがたるんでくるわけです。

私の体重では、最低1日に60gの蛋白質を必要とします。大雑把に言えば、これを蛋白質食品で摂るには約300gの肉を毎日食べる必要があります。肉の場合、食品重量の約20%ほどが蛋白質量だからです。

毎日、300gの肉を食べるのは大変なので、現在、1日の蛋白質必要量の半分である30g分の蛋白質はプロテイン粉末で確保しています。豆乳に入れてシェークして飲んでいます。

肉類をダイエットの大敵と誤解している人が多いようですが、それはとんでもない勘違い、冤罪です。肉と一緒に体内に進入しがちな脂肪がダイエットの大敵なだけであって、蛋白質はダイエットの援軍なのです。

私は食を細くはしていますが、焼肉、しゃぶしゃぶ、トンカツ類は大好きなので、頻繁に食べています。ただ、その際、炭水化物食品であるパン、ライス、ポテト等は慎重に避け、総カロリーだけは抑えています。サーチュイン遺伝子(老化制御遺伝子)にスイッチを入れたいからです。

今、迷っているのは、サプリでレスベラトロールの摂取を始めようかどうかです。でも、サプリ購入で破産しそうなので、高価なレスベラトロールの代わりに、安価で済むカロリー抑制で頑張っています。

by robocop307 | 2011-11-01 22:00 | 健康オタク  

<< オリジナル本にも好影響が・・・ 羽生さんとチェス >>