人気ブログランキング | 話題のタグを見る

健康優良爺

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【メルマガ申込みは → こちら 】 

年一回の健康診断を1月27日に受診し、先日、医師と面談し、その結果を聞いてきました。自称「健康オタク」の私ですから、成績表をもらったような気分です。

腎臓の健康状態を示すクレアチニン値は、普通、年齢と共に悪化することはあっても、改善することのない指標と言われています。

しかし、私のクレアチニン値は昨年が0.85だったのに対し、今年は、ほんの僅かですが改善し、0.83でした。恐らく、ウォーキング効果だと思います。つまり、通常ではありえない若返り現象のようです。

他にも、私がここのブログで老化速度として紹介したヘモグロビンA1cも、昨年は5.6だったのに対し、今年は4.9と、こちらも改善しました。元々、糖尿病ではなかったのですが、今年は、さらに安全圏まで遠のいたようです。嬉しいことに、老化速度がさらに減速したということです。

昨年は、もちろん、余裕で「メタボに該当せず」という判定結果でした。去年に比較して、今年は、さらに体重が1.0Kg、腹囲が4.0cm減り、もちろん、今年も余裕で「メタボに該当せず」でした。

少食、減塩、水泳、ウォーキング、高食物繊維食、良質蛋白質食、血糖値コントロール、腸内環境コントロールなどなど、普段の努力が報われ、「よく頑張りました」の総合評価だったような気がします。

才能が乏しい貨幣の貯蓄の代わりに、健康の貯蓄に頑張っているので、努力が報われて素直に嬉しいです。ただ、生活習慣病系に対する対策だけでは、発ガン抑制に対し、少しは効果があるものの、全く決め手にはなりません。

そこで、今年から健康診断内のガン検診だけではなく、PETや各種腫瘍マーカー検査などを含む総合ガン検診の受診を検討しています。健康保険が使えないでしょうから、また、貨幣の貯蓄が遠のいてしまいます。トホホ・・・

by robocop307 | 2012-03-23 18:04 | 健康オタク  

<< 「漢字を使わせないぞ!」 羽生さん、チェスの国内大会で優勝! >>