人気ブログランキング | 話題のタグを見る

眼精疲労が消えた

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

眼精疲労が消えた_d0168150_791473.jpg
【名古屋眼鏡のスカッシー・ソフトフィット】

プライベートでは眼鏡を使用しています。1年ほど前から写真の特殊なフレームの眼鏡を使っているのですが、まるで眼精疲労というものがなくなりました。

この眼鏡の特徴はフレーム自体もUVカット仕様で、眼の周囲から入る紫外線をカットしてくれるのです。眼鏡レンズにUVカット仕様を入れている方は多いと思います。

しかし、テレビのある健康番組に出演していた眼科医が写真のような特殊の形状の眼鏡フレームを付けていたのです。そして、UVカットレンズの眼鏡をしていても、長年、眼鏡の周囲から入る紫外線のせいで、晩年に眼の病気になる、との解説をしていました。

その番組を見てから、そのような特殊なフレームを探し、やっと、それらしいものを見つけて眼鏡を作りました。UVカット仕様のフレームだけではなく、当然、レンズもUVカット仕様で、さらにブルーライト・カット仕様も加えました。

以前はパソコンなどで長時間仕事をしていると、必ず、「目がショボショボする」という眼精疲労に襲われたものでした。しかし、全くそのようなことが無くなったのです。

素人の私が個人的に推測する原因は次の3つです。

【1】眼鏡周囲からの紫外線カット
【2】パソコン画面からのブルーライト・カット
【3】眼の常時保湿 (ドライアイの防止)

元々、花粉症用眼鏡なので、眼を覆うような形状になっています。そのせいで、眼の周囲の空気がかなり密封され、結果として眼の表面からの水分で眼が常時、適度に保湿されるようです。

ドライアイとは眼の表面が乾くことによる「眼の肌荒れ」と聞いたことがあります。きっと、保湿によって眼の肌荒れが防止され、目のショボショボ感が起こらないのでしょう。

この眼鏡の唯一の欠点は、対面する人をギョッとさせることです。ですから、仕事では使えず、コンタクトを使用しています。花粉症シーズンだけは、「この人は花粉症なんだ」と思ってもらえるので、問題ないのですが。ちなみに、私は花粉症ではありません。

by robocop307 | 2012-12-05 07:09 | 健康オタク  

<< ちょっと不満 TOKYOエアポート >>