人気ブログランキング |

私は洗脳されていました

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

今日の朝刊で、元オセロの中島知子さんが昼のテレビに出演すると知り、しっかりと予約録画して仕事に出かけました。

「出演」と言っても、スタジオでの生出演ではなく、前日に撮られたインタビューの模様の放映でした。さきほど、その録画を見終わり、洗脳されていたのは中島知子さんではなく、私の方だったことを知り愕然としました。

勤務先企業が社員を自社に都合のいい社畜にしようと、あの手この手で仕掛けてくる洗脳には、何十年間の間、ただの一度も洗脳されたことがありませんでした。それなのに、マスコミには、たった1年ほどで、ころりと洗脳されてしまったとは、実に悔しいですし、戦りつします。

言論の自由がない独裁国家の政府系報道に洗脳されている国民と変わらない知性だったわけです。元々、自分は相当なバカであるとは知っていましたが、自分の知性に対し、さらに自信喪失してしまいました。

「洗脳されている人の条件」の一つとして、「本人には洗脳されているという自覚が無い」という条件がある、と常日頃、私は考えていました。今回、見事に自分がこの条件を満たしていたことに気づきました。

憶測の報道によって「中島知子は、元占い師によって洗脳されている」と日本中が刷り込まれていました。私もその一人でした。伝聞を検証もせず、そのまま鵜呑みにしていたのです。

報道側も悪意があったわけではないでしょう。「脳は断片情報をどうしても意味あるストーリーに組み立てたがる」という自然の法則に報道機関が支配されただけです。デマの自然発生の原理と同じです。

伝聞を自分自身で検証もせずに信じているという点では、「地球は丸い」とか「日本は核を持っていない」とか「ヨーグルトは腸にいい」とか「北には言論の自由がない」とか「フセインは死んだ」とかいう常識も同じです。全て0.1%位は怪しいと思っていたほうがいいかもしれませんね。

それにしても、以前と全く変わらず頭の回転も速く、ユーモアのセンスもあり元気な中島知子さんを見て嬉しくなりました。例の小気味いいテンポでインタビューアーの質問に理路整然と答えていました。

彼女の芸能界復帰の可能性はゼロだと数日前に思っていた自分が本当にバカバカしいです。自分を恥ずかしく思った一日でした。

by robocop307 | 2013-03-29 21:23 | ご報告  

<< 好きな人 (阿川佐和子さん) 「自分」とは何か >>