人気ブログランキング | 話題のタグを見る

餃子は惰性だった

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

何十年間、中華店に入ると、なんとなく餃子を注文してきました。自分は餃子を好きなんだとずっと思っていました。

しかし、本当に餃子を食べたいのではなく、単なる惰性で餃子を注文していただけではないか、と半年位前に感じました。

それ以来、餃子を注文しなくなりました。「王将」に行ったときでさえ、餃子を注文せず、代わりに春巻きを食べるようになりました。

昨晩、ウォーキングの途中で、なんとなく中華レストランのバーミアンに入りました。たまに餃子を食べてみようかと半年振りに注文してみました。

食べてみて、やっぱり餃子を今まで食べてきたのは単なる惰性だったと実感しました。2個食べただけで、あとは残してしまいました。

それほど好きでもないのに単なる惰性で何かをずっと食べ続けていた、ということがあなたにもありませんか?例えば、白米の御飯は該当しませんか?

by robocop307 | 2013-06-16 07:19 | つぶやき  

<< ライスタワー 定義は楽しい >>