人気ブログランキング |

アスペルガーならお気の毒

【 公開セミナーは → こちら
【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら

【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
アスペルガーならお気の毒_d0168150_08283098.jpg
【出典:こちらのサイトより引用】

以下、幼児ではない大人には考えられない昭恵さんの特徴です。

◆空気が読めない。

◆他人の視点から見た自分の姿が見えない。

◆自分が置かれている構図の全体像が見えない。

◆「総理夫人」という自分のブランド力を利用 
  しようとして自分に群がってくる悪人たちの 
  意図が見えない。

◆従って、警戒心というものを知らず、脇が甘い。

どう見ても、幼児、そうでなければアスペルガーを想起させます。

全く悪いことをしていないのに、なぜ自分が非難されているのかをよく理解できません。

全体の構図が見えないから自身が反省したり謝罪すべき立場にいることが全く理解できません。だから、悪びれずに平然と社会活動を続けています。

状況を客観的に把握できない点で、アスペルガーが強く疑われます。常人が現在の彼女の立場に置かれたら、ウツになっても不思議ではないのに、のほほんとしているからです。

もし、病気のせいで自分の立ち位置が見えないのなら、お気の毒です。責められるべきではなく、保護、治療されるべきでしょう。

森友事件以前は、単に微笑ましいとされていた昭恵さんの自由奔放な言動。

安倍政権の方針が原発維持なのに、総理夫人は反原発を主張する。総理夫人という堅苦しい立場に縛られない自由奔放な言動。

安倍さんにも、きっと彼女のそんな自由奔放さが魅力だったのでしょう。昭恵さんのことを「私とは全く別人格」と表現していました。

制御不能な彼女の天真爛漫さを魅力に感じていた表現なのかもしれません。一般人の夫婦なら、きっと微笑ましい夫婦だったはずです。

しかし、夫が国家を守るという要職に付いている場合、話は違ってきます。

それにも拘わらず、森友事件以前から彼女は自由奔放でした。従来の総理夫人にはなかった気さくなキャラクターとして解釈されていました。

しかし、その実態は単なる病気だったのかもしれません。安部さん、早く辞職して妻の治療に専念すべきでは?

自殺者まで出ています。「総理夫人」という自身の強大な影響力を彼女は理解できていません。そんな彼女の軽率で無責任な言動に振り回される役人たちが可哀想です。

責任能力がないアスペルガーの昭恵さんを責めることはできません。最後に責任を問われるのは、彼女を教育、指導、監督、保護する立場にある安倍さん、あなたです。

by robocop307 | 2018-03-24 08:31 | つぶやき  

<< 安部さんにお勧めの謝罪表現 天真爛漫も罪 >>