人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

チェスのクイズ

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

好きなチェスで、最近、脳の筋力の衰えを感じます。見落としや勘違い、つまり「不正確な思考」が目立って多くなってきました。チェスは、若い頃から元々弱かったのに、最近、脳の老化で、その弱さにいっそう拍車がかかってきました。悲しいものです。

唯一の例外は、2年ほど前、東大のチェス・サークルに所属する現役の東大生二人に公式戦で勝てたことくらいです。しかし、通常は、新鮮な脳を持つ20代の若者にはなかなか勝てません。最近では、もうチェスで人様と闘うことを避けるために山にでも篭りたい心境です。

そこで、皆様には、まだ私の脳が新鮮だった、二十年位前の過去へタイムトラベルしてもらい、20代の頃の私と闘ってみてください。私が大学生時代に作ったチェスの問題を紹介します。

            Created by Fujisawa Kohji

チェスのクイズ_d0168150_1450666.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2011. All Rights Reserved.

この局面は、白番です。白の2手目でチェックメイト(詰み)にできます。白の1手目はどう指しますか?

勝手ながら、10分以内に解けたら、あなたの勝ち、10分以上かかったら、私の勝ち、というルールにさせていただけますでしょうか。 (ご参考までに、2年ほど前、当時の日本チャンピオンにも、この問題を試しに出題してみたら、当然のことながら、瞬時に解かれてしまいました。)

将棋は知っているけれど、チェスは知らないという方に、この問題の意味を説明します。

 ☆白が1手目で何かの手を指す。
 ★黒が何かの手で応戦する。
 ☆白の2手目でチェックメイト(詰み)にできる。

という意味です。各座標にいる駒の説明をすると、次の通りです。

h1:白のキング
a6:白のポーン
b7:白のルーク
c6:白のナイト

a8:黒のキング
a7:黒のビショップ
c8:黒のナイト


チェスの駒の動きを将棋の駒との対比で説明すると、以下の通りです。(ちなみに、私が将棋のルールを知ったのは、大学生時代にチェスを覚えてから2、3年後でした。家庭教師で英語と数学を教えていた中学生に将棋のルールを教えてもらったのです。)

キング → 「玉」と同じ。

ルーク → 「飛車」と同じ。但し、「成り」はない。

ビショップ → 「角」と同じ。但し、「成り」はない。

ナイト → 「桂馬」の動きを上下左右の四方向にできる。だから、ナイトは桂馬の4倍の価値があると言ってよいでしょう。

ポーン → 「歩」と同様に一枡ずつ前進する。白のポーンは、2→3→・・・・→7→8 の方向に進む。但し、「歩」と違い、敵駒がポーンの直前にいると、その敵駒を取れず、その敵駒が障害物となり、ポーンは進めなくなる。ポーンが取れる敵駒は、ポーンの斜め前(左右両側のどちらか)にいる敵駒だけである。斜め前の敵駒を取る場合、その敵駒があった斜め前の枡に進む。

(ちなみに、この問題では、a6の白ポーンは、直前にいるa7の黒ビショップを取って進むことはできません。また、a6の白ポーンは、b7の白ルークを守っていることになり、黒のキングは、b7の白ルークを取ることはできません。)

尚、チェスでは盤上にない駒を貼ることはできません。また、将棋も同様だと思いますが、チェスでは自分の手番のとき、その手を指すと、次に自分のキングを取られてしまうような自滅の手は禁じられています。

この問題の局面で説明すれば、この局面で黒の手番だと仮定した場合、黒のキングをb8へ移動させるような手が自滅の手です。黒のキングをb8に動かせば、次に、白のルークに黒のキングが取られてしまうからです。

また、チェスでは、チェック(王手)がかけられていない状態で、手番の側が次に指す手が「禁じられているそのような自滅の手」しか残っていないような場合、その局面はステールメイトと呼ばれ、ドロー(引き分け)になってしまいます。

チェスでは「相手を自滅に追い込んだら、引き分け」と覚えてください。あるいは「どちらかの手番で指せる手が無くなったら、引き分け」と覚えてもよいでしょう。

上のクイズは楽勝でしたか?簡単過ぎましたか?

20代の頃の私に勝った(10分以内に解けた)と思う方は、白の1手目をメールでお知らせください。正解か不正解かを返信メールでお知らせ致します。(有効期限:2011年11月末まで)

関連記事は → こちら
















x

by robocop307 | 2011-09-30 23:00 | チェス  

「チラシ部」のCM

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

リクルートの「チラシ部」のCMには衝撃を受けました。私の脳波は、AKB48を見ても全く無反応です。しかし、「チラシ部」CMのキレのいいダンスを初めて見たとき、私の脳波は上下に激しく振り切れました。あの「少女時代」を初めて見たときと同様でした。

最初、日本人を使った少女時代の完コピのパロディかな?と思ったほど、K-POPのダンスそのものでした。実態は、やはり、K-POPのユニット「ラニア」と知りました。

ところで、少女時代等のK-POPガールズ・ユニットと、私にはその人気が全く謎のままのAKB48との決定的違いにやっと気づきました。日本でのファン層の決定的違いでした。

AKB48のライブなどに集まる熱狂的ファンは、殆んど男性。それもどちらかというと草食系(アキバ系?)っぽい男性中心。それに対し、少女時代に憧れて集まる日本人ファンは殆んど女性。対照的な現象ですね。

AKB48には関心が無く、少女時代が好きな私の感性は、日本人女性に近い、ということなんでしょうか。

by robocop307 | 2011-09-30 16:18 | テレビ、映画評論  

過去へのタイムトラベル

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

先日、ホーキング博士監修の番組で、「過去へのタイムトラベルは不可能」という説に納得したばかりなのに、最近、素粒子のニュートリノが光より高速に動くというニュースで、「時間が逆行する」という話も聞こえ始め、頭が混乱しています。

素人の大胆な妄想ですが、ニュートリノの速度を測定したその実験では、現代の常識的な三次元でニュートリノが光より高速に移動した、というのではなく、ほんの瞬間、ニュートリノがタイムスリップした結果、「光より高速に移動した」と見えているだけなのでは?

つまり、時空の座標系が正常な状態と仮定しているから、「光より高速」と結論づけているけれど、実際は、なんらかの規模で時空の座標に歪みが起こったのでは?

自分で書いていて、自分が何を言っているのかよく分かりません。高田純次さん風にテキトーな乗りで書いているだけですから。

ちなみに、高田純次さんは、綾小路きみまろさんと並ぶ、私の尊敬する人物です。

by robocop307 | 2011-09-30 00:47 | つぶやき  

バミューダ・トライアングル

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

バミューダ・トライアングルは興味深いです。時空のトンネルの入口があるのか、太陽からの電子雲のイタズラなのか。多くの船舶、航空機が残骸を残さず消えてしまうのですから不思議です。

by robocop307 | 2011-09-30 00:43 | つぶやき  

新幹線内バー

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

大阪での研修が終わった後、長い間、帰路の新幹線内では、缶ビールや柿ピー、ナッツ類等のおつまみを買っていました。平凡な光景だったでしょう。

しかし、ある日、気づきました。これは、「これが解放感を楽しむ方法」との思い込み、惰性でやっているだけだと。実は、本人は全く快感を得ていなかったことを。

特に私は、大の「缶ビール嫌い」です。発泡酒などは飲んだことがありません。アルコール缶飲料はビール専門ですが、あのマズサは何なのでしょう???

ということで、2ヶ月位前から仕事帰りの新幹線では、習慣を変えました。500mlの真空断熱のマグボトル4本を使っての私設の新幹線内バーを利用しています。

研修などを終え、新大阪駅に戻ると、まず真っ先に2本のミネラル・ウォーターを買い、2本のマグボトルに入れます。次に、カップ氷を2個買い、同様に、2本のマグボトルに入れます。

次に、従来買っていたナッツ類等の「おつまみ」らしいおつまみではなく、「食品系おつまみ」を買い込みますい。キンピラとか、だし巻き卵とか、野菜サラダとか。

新幹線が動き出すと、持っていたスコッチをミネラル・ウォーターで割り、その水割りを氷で満たされている断熱マグボトルに入れるのです。少々、格好悪いのですが、そのマグボトルでスコッチの水割りを飲みながら、食品系おつまみを食べ、帰路ずっと瞑想して過ごします。

これが最近の仕事上がりの過ごし方です。今、けっこうホロ酔い気分です。

by robocop307 | 2011-09-29 22:43 | つぶやき  

ワタオニ

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

今、『渡る世間は鬼ばかり』の最終回をやってます。

普段、この番組を見ると背筋が寒くなるので、チャンネルを合わせることは皆無なのですが、最終回という興味から見ています。

なんかフィーリング、感性が合わない、というのは説明不可ですね。書き言葉のような明快で整理された長いセリフが、なんとも不自然で気色悪い、というか・・・・

「不自然」と言えば、韓ドラが王者だと思うのですが、ワタオニは、何と言うか、また全く別種の不自然さで身震いします。でも、最終回なので「怖いものみたさ」で見ています。

確実に言えることは、この番組だけは外国語の字幕を入れたりしても、海外で受け入れられる可能性はゼロでしょうね。日本人だけの感性というか・・・

by robocop307 | 2011-09-29 22:31 | テレビ、映画評論  

慣れは恐ろしい

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

今、大阪出張から帰宅しました。

大阪出張に慣れ過ぎたせいか、大阪でのエスカレーターで立ち止まるときは、何の違和感もなく、自然と右側に立ちます。一方、地元近辺でのエスカレーターに立ち止まるときは、やはり何の違和感もなく、自然に左側に立ちます。

特に切り換えている意識が全く無いのに自然にその地域の風習に合わせている自分が怖いです。

でも、今日、おもしろいものを目撃しました新幹線の新大阪駅構内で、東京方面のホームへの登りエスカレータに乗ったときでした。立ち止まっている人は、殆んど、左側に立ち止まっていました。関東圏の人が多いせいでしょう。

文化の融合点を見ているようで、おもしろかったです。

by robocop307 | 2011-09-29 22:27 | つぶやき  

映画

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

『モテキ』、まだ見てません。
『猿の惑星』、まだ見てません。
『はやぶさ』、まだ見てません。

全て、近々、見に行くつもりです。

by robocop307 | 2011-09-28 07:53 | つぶやき  

カインとアベル

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

やはり、録画でBS11の韓国ドラマ『カインとアベル』を見たのですが、ますます、はまりつつあります。

ただ、残念なことに、今まで見ていなかった方が、今から見始めても、経緯が分からないので、全くおもしろくないでしょう。念のため。

by robocop307 | 2011-09-26 00:55 | テレビ、映画評論  

猿の惑星

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

映画『猿の惑星・創世記』も絶対に見るつもりです。昔、シリーズ化された『猿の惑星』を見てワクワクした当時が懐かしいです。あの第1作目に繋がるストーリーなのでしょうね、多分。

by robocop307 | 2011-09-26 00:45 | テレビ、映画評論