人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

羽生さんとチェス

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ チェスのクイズは → こちら ★★
羽生さんとチェス_d0168150_09535862.jpg
【出典:「NAVERまとめ」より】

将棋の羽生さんが、昨日、チェスの親善試合でフランス・チャンピオンと引き分けたようですね。将棋の森内俊之名人と羽生さんの二人と仏チャンピオンが同時に戦う同時対局でした。

同時対局でしたから、全くの対等な対局条件で羽生さんが引き分けたわけではありません。つまり、仏チャンピオンには、通常の公式ゲームに傾ける集中力の半分の集中力でしか戦えない、というハンディがあったわけです。

しかし、チェスの国際公式レイティングで羽生さんと仏チャンピオンとでは300点以上の大きな開きがあるので、同時対局とは言え、ドロー(引き分け)は羽生さんの大金星でしょう。

  ◆羽生さんのレイティング
  ◆仏チャンピオンのレイティング

今、駒を並べて、そのドローの対局の内容を追ってみたのですが、羽生さんは敵のクィーンを取ったのですね!通常なら勝てたゲームをドローにしてしまったと考えれば実に惜しかったとも言えます。

クィーンを取られながらもドローに持ち込んだのが仏チャンピオンの力なのでしょう。いずれにしろ、東西の天才どうしの死闘でした。

ちなみに、チェスでは、森内俊之名人に勝った仏チャンピオンも、前日、将棋では、森内俊之名人(飛車落ち)と戦い、負けています。素晴らしい文化交流ですね。

読売オンライン


by robocop307 | 2011-10-30 23:38 | チェス  

続・混同しやすいもの

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ 新刊情報は → こちら ★★

以下、私自身がよく区別のつかないものです。

 ◆侮辱 (事実を提示しない?)
 ◆名誉毀損 (事実を提示する?)
 ◆批判
 ◆誹謗

事実でないことを含めず、他人を批判し、その人物の世間的評価をおとしめたら、侮辱や名誉毀損や誹謗になるのでしょうか?確か、上2つは親告罪の犯罪ですよね。

「中傷」だけは、その定義から、上記4点とは異なるようですね。中傷は虚偽を交えて人の評価をおとしめることのようです。

でも、「誹謗中傷」というように結合して使う例が多いようですが、この場合はどうなるんでしょう?

「論理的にスッキリと定義しよう」という姿勢に欠ける国語辞書は、こんなときに役に立ちません。ですから、今、「和英辞書→英英辞書」経由で「誹謗」の定義を調べたら、誹謗も中傷と同様に「事実でないことで人を攻撃すること」だと分かりました。ですから「誹謗中傷」というのは類語の結合語で、矛盾はないようですね。

関連記事

by robocop307 | 2011-10-30 21:51 | つぶやき  

多義表現

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ 新刊情報は → こちら ★★

先週木曜(10/27)は兵庫県の豊岡市役所の皆様に、午前と午後に講演をさせていただきました。講演前の朝には、豊岡市長の中貝宗治様と30分ほどの歓談させていただきました。

「小さな世界都市」を標榜する豊岡市の先進的コンセプトには感銘しました。日本の自然界で絶滅したコウノトリを40年近くの歳月をかけ、ついに自然繁殖まで導いたという偉業は知っていました。そのため、国連や海外メディアに豊岡市が注目されていることも知っていました。

しかし、中貝市長がご説明された「エコで経済活性化を!」というコンセプトは知りませんでした。今こそ世界で求められる、時節に沿った考え方だと感じました。

私はこれまで「エコは経済の足を引っ張る」くらいの古い概念しか持っていなかったので、このコンセプトは新鮮でした。エコと経済とをWIN-WINで共存、好循環させようという納得のいく素晴らしい発想です。

午前と午後の講演でも受講生の方々の熱心な受講態度が印象的でした。やはり、希望受講者に対する講演は盛り上がります。市役所の職員が全員で「豊岡市の良きセールスマンになろう!」という意欲的な趣旨での講演でした。

木曜は豊岡市を発った後、新幹線で京都駅から東京駅まで行き、そのまま秋葉原のホテルに宿泊しました。翌日、秋葉原で私にとってのリピーター様企業向けの研修講師を務めるためです。新幹線で移動中に「アンケートで大変好評でした」という嬉しいお知らせの御礼メールが届きました。

そういえば、木曜の東京駅に向かう帰路、新幹線内でおもしろいものを見ました。電光掲示板ニュースです。私がよく研修などで紹介する多義表現です。

「外務省、大使館にサイバー攻撃。」

というものでした。見た瞬間、笑ってしまいました。最初、下記の意味Aと解釈したからです。

意味A: 外務省が大使館にサイバー攻撃をした。
意味B: (何者かが)外務省や大使館にサイバー攻撃をした。


もちろん、伝えたかったことが意味Bだったことは、数秒後に分かりましたけれど。

言葉での「ルビンの壷」現象を私は「多義表現」と呼んでいますが、誤解を誘発する主要な原因の一つであることは間違いないですね。

by robocop307 | 2011-10-29 23:00 | つぶやき  

混同しやすいもの

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ 新刊情報は → こちら ★★

違いを言えますか?

  ★アシカとアザラシ

  ★細菌とウィルス

  ★個人主義と利己主義
    (ちなみに、この2つを区別できないのは、集団優先社会
     である日本文化に特有な現象かと思います。中日の
     落合監督を嫌っているような人は、恐らくこの2つの
     区別がつかず、混同しているタイプでしょう。)

  ★平目とカレー

  ★独裁と強いリーダーシップ

by robocop307 | 2011-10-26 09:08 | つぶやき  

ブログ投稿は恐い

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

★★ 新刊情報は → こちら ★★

ブログでいろいろ書く事は、誰が何の目的で読んでいるか分からないので、恐いことです。

戦場に喩えて考えてみましょう。自分を狙っている狙撃兵が樹木に潜んでいる場合、ブログで自分の情報を知らせ続けることは、戦場で煙草の煙をくゆらせ続けるようなものでしょう。

ブログ投稿は、狙撃兵に煙草の煙で自分の位置を知らせるのと同じようなことだからです。危険回避の観点からは、自分からの情報発信は一切、避けたほうが賢明だと思います。

商売柄、それができないのが残念です。仮に生涯食べていける十分な財産に恵まれているとしたら、本も書かず、ブログも開設せず、完全沈黙を保っているでしょう。

by robocop307 | 2011-10-25 20:03 | つぶやき  

マンガ版『「分かりやすい表現」の技術』

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

マンガ版『「分かりやすい表現」の技術』が本日、発売日を迎えました。オリジナル版を読んでいない方にも是非、読んでいただきたいです。

マンガ版『「分かりやすい表現」の技術』_d0168150_19581580.jpg
【帯付き画像】

マンガ版『「分かりやすい表現」の技術』_d0168150_19583878.jpg
【帯無し画像】

アマゾンでの購入は → こちらです。

by robocop307 | 2011-10-21 19:50 | 執筆活動  

ドリス・デイのケセラセラ

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

最近、綾瀬はるかさん出演のCMでよく流れているので、思わず歌いたくなります。

When I was just a little girl~♪
I asked my mother, what will I be~♪  
Will I be pretty, will I be rich~♪
Here's what she said to me~♪

Que Sera Sera~♪
Whatever will be will be~♪
The future's not ours to see~♪
Que Sera Sera~♪
What will be will be~♪

by robocop307 | 2011-10-21 16:47 | つぶやき  

昔から知りたいこと・・・

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

◆宇宙って何だろう?

◆ビッグバン以前の時間って、無いんだろうか?

◆自分って、何だろう?

by robocop307 | 2011-10-21 09:24 | つぶやき  

Stay foolish!

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

スティーブ・ジョブズの言葉"Stay foolish!"に関し、先日、大胆にも「自分のことを肯定されているようで嬉しい」などと書いてしまいました

あまりに我田引水の解釈なのか心配になります。スティーブ・ジョブズの言いたかったことは「いつまでも愚直であれ!」という辺りでしょうか。

"Stay foolish!"に対する私の感じたニュアンスは、「既成概念に捕われず、いつまでも自由奔放に生きろ!」、あるいは「こじんまりとまとまって小利口な大人になるな!」のような感覚でした。このニュアンスなら自分が該当すると思ったからです。

安定収入があった「大手企業社員」という身分を捨て、何の保証もない危険な自由業という身分を選んだ決断は「愚か(foolish)」としか言いようがないでしょう。

航海中の豪華客船から一人、イカダの上に降りて、大海原に出て行くような選択だったでしょう。そのイカダがリーマン・ショックという「おおしけ」に巻き込まれてしまうこととも知らずに。冒険嫌いで、安定志向の常識ある大人の行動ではありえません。

by robocop307 | 2011-10-19 01:26 | つぶやき  

祝・中日優勝

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

テレビで国内の野球関連ニュースが始まると必ずチャンネルを替えてしまうほど、日本のプロ野球には関心がありません。しかし、今日決まった中日のリーグ優勝には心からの祝意を表したいと思います。

落合監督のキャラクター、生き方、考え方が好きだからです。日本の風土では叩かれがちな、あの個人主義ですが、信念と努力と実績とで批判を無言のうちに封じているところを尊敬しているからです。

by robocop307 | 2011-10-18 23:03 | つぶやき