人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

「不要な混乱を招くから」という敵

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

行政サイドが危険に関する情報を公開しない場合に必ず根拠とする「不要な混乱を招くから」という発想は、私たちの内なる敵だと思います。

「不要な混乱を招くから」という根拠で確信犯としてSPEEDI情報を公開しなかった人々は、これを読んで欲しい。

市民に必要な情報を与えない、ということは市民が自ら危険を回避する機会を市民から奪うということです。市民を危険にさらす、ということです。目隠しをされて崖に向かって歩いている市民を放置する、という意味です。

SPEEDI情報を知らされなかったことで不要な被曝をした方々が、SPEEDI情報を隠蔽した人々を相手取って損害賠償訴訟を起こすというようなことはないのでしょうか。そんな訴訟が起これば、「不要な混乱を招くから」という発想を過去のものとして葬り去ることのキッカケになるでしょう。

「不要な混乱」と「不要な被曝」と、どっちが避ける優先順位が高いのかさえ判断できない人々が行政を担当しているのでしょうか。「不要な混乱」など、実害のない、単なるカラ騒ぎに過ぎません。

もし、損害賠償訴訟が起こされたら、「不要な混乱を招くから」という「お上」目線の時代錯誤の発想をする人々の目を覚まさせる一番効果的なショック療法になるでしょう。

とは言いつつも、実は私もSPEEDI情報を公開しなかった人たちの心理、言い分も分かっています。恐らく、情報の確度が不明なので、実際に公表した場合、「いい加減な情報を確認もせず、間違った情報を公開して世間を大混乱させた」などと後で責任追及されるリスクも無視できなかったのでしょう。

また、専門的情報を素人が正しく理解できる見込みがないので、情報を公開しても、それが有効に利用されるとは限らない、という読みもあったでしょう。

さらに、SPEEDI情報は専門家が判断の際に参考にする内部ツールであって、素人の一般人向けに公開することのルール、手順、法的義務が定められていなかったのではないでしょうか。ですから、情報公開すること自体を思いつかなかったのでしょう。

全て憶測で書いているので、全く的を外している部分もあるかもしれません。しかし、おおよそ、こんな背景から公開するに至らなかったのでしょう。

しかし、「公開するからには、確かな情報であること、情報の精度の裏づけが必要。ガセ情報だった場合、それこそ、安易に公開したら、世間を混乱させた責任を問われる」という発想は危機管理に全く反しています。情報の確度、精度の裏づけを取っている間に、危機の対応に間に合わなくなってしまいます。

今後、こういう状況で社会が事前合意しておくべき基本原理は、次のような理念でしょう。リスクを知らせる情報は、間髪を入れず、停滞なく市民に全面公開する。また、公開と同時に、その情報の信頼度が不確かな場合、その旨も併せて告知する。

そして、その公開情報の信頼度が不確かな場合、その公開情報の利用に関しては、市民の自己責任とする。後日、公開情報が間違っていたことが分かったとしても、その間違い情報を公開した行政側はいかなる責任追及からも免責される。

社会がこういうルールに事前合意していれば、「不要な混乱を招くから」などという、市民の生命より自分達の保身を優先する行政側の情報隠蔽は日本の隅々から抹殺されるでしょう。

とにかく、間違った情報を公開しても免責される制度が絶対必要です。同時に、民主主義の根本原理に反する意図的な情報隠蔽があった場合、「不作為の作為」として、厳罰に処する法整備も必要でしょう。

以下、私が独裁者だった場合に発令する命令書です。

市民に危険が迫っている類の情報の場合、今後、行政側は、その信憑度をグズグズ確認したりせず、取り急ぎ、停滞なく即刻、その危険情報を全面公開せよ!また、その情報の信憑性が未確認の場合、その旨も同時に公開せよ。

また、市民側は、そのような信憑性不明の情報は自己責任で利用すること。後日、その情報に誤りがあったことが明らかになったとしても、情報を発表した行政側の責任を一切追及してはならぬ。

by robocop307 | 2011-12-28 22:47 | 意見表明  

津波に備えるだけでは不十分

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら
福島原発の事故を教訓にして、これからは大津波等を想定して様々な策が講じられるでしょう。しかし、これでは全く不十分です。

昔、小中学校の敷地内には誰でも自由に出入りできる平和な時代がありました。それで特に問題がなかったからです。しかし、異常者が校庭に乱入し、多数の児童を殺傷する異常事件が起こりました。

それ以前の社会が想定していなかった事態です。そのような事件が起こると、再発防止策として、学校への侵入に対するセキュリティが強化されたりします。起こってしまったことに対するお決まりの「後手」策です。先手ではありません。

原発が大津波の再来に備えたり、学校が不審者侵入に備えたりすることは、しないよりはいいことです。しかし、それでは、「想定外のことを想定する」ということにはなっていず、福島原発事故以前と何も変わっていないように思います。

福島原発の教訓が活かされているとは言えないでしょう。「再発防止」という言葉自体が、過去に起こったことと同じ事態に備えるだけ、という意味だからです。

福島原発の事故から私たちが一番学ばなければならないことは、「今までの想定に危険な穴がないか、想定外のことを頑張って想定してみる」ということでしょう。「再発防止」などの次元の低い後手の発想を乗り越え、「初発防止」の先手の決意を持つことこそを、一番大きな教訓とすべきではないでしょうか。

津波にやられたから、津波の対策だけを考えるのでは、あまりに近視眼でしょう。大雨で巣が壊れて慌てている蟻と同レベルの知性しかないことになります。部分事象から、それを一般化した教訓を得る大局観がないほど日本人はマヌケではないはずです。

「原発に津波」という部分事象だけを見る蟻の視点から脱し、もっと広範囲な領域でのあらゆる危険を検討する鳥の目を持つ必要があるでしょう。

しかし、一方、だからといって、リスクの小さい危険の全てに備えるということは、無限の費用が必要となり、経済的に成立しません。例えば、原発に対する「UFOからの攻撃に備える」、「核ミサイルによる攻撃に備える」等の費用は莫大になります。採算が合わず、原発は成立しなくなります。

どんな小さなリスクでも、想定できるリスクには全て備えるべき、という単純な原理は、このように非現実的で成立しません。どこかで線引きは必要です。しかし、その線引きは確率の大小で行なうべきではないでしょう。

それが起こってしまった場合、取り返しがつかないほど壊滅的なことになる、そのようなリスクに対しては、どんなに確率が小さくても、少なくてもシミュレーションだけでもしておくべきでしょう。

例えば、外国から首都圏に核ミサイルを打ち込まれ、政府、国会等の機能が全滅してしまったとき、などです。このような事態は、どんなに小さな確率であっても、最低限、シミュレーションだけでもしておくべきでしょう。日本の残った地域の人々で、どう連携し、どういうルールで統治していくか等に対するシミュレーションです。もちろん、可能なら、今からでもルール作り等の備えが必要でしょう。

他にも、もっと簡単に想定できる事態は、原発が外国からミサイル攻撃を受けた場合でしょう。あるいは、テロリストによる原発攻撃は身近で差し迫った危険かと思います。ミサイル攻撃より確実で低コストで実行可能だからです。

また、全く別種の事態ですが、私が前から主張している、首相が認知症を発症してしまい、「殿のご乱心」状態になったとき、法的にどう対処するのか、を決めておく必要もあるでしょう。

とにかく、「バカバカしい!」と人に冷笑されるような事態を真面目に検討、シミュレーションを行なうべきである、というのが福島原発の事故から得るべき最大の教訓ではないでしょうか。

私のような全国の心配性の皆さん、今こそ、私たちの出番ではないでしょうか。福島原発の事故以前は、私たちの心配性を冷笑してきた楽観主義者たちも、今の時期なら、私たちの意見に耳を傾けてくれる可能性があります。日頃感じている心配を積極的に発信していきましょう。偉そうにすみません。m(__)m

by robocop307 | 2011-12-28 21:12 | 意見表明  

2011年の黒船

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

2010年から2011年にかけての黒船は、やっぱり少女時代だったと思います。K-POPのガールズ・グループは色々ありますが、少女時代は別格だと思います。DVDやCDをたくさん買いました。

話は突然変わりますが、難産を体験できるのは女性の特権のはずです。しかし、私は男性なのですが、今、難産に苦しんでいます。原稿が書けないのです。昨日は午前中にノルマの3分の2を書いたのですが、午後は一転、4時間近く、1文字も書けませんでした。(>_<)

by robocop307 | 2011-12-27 21:29 | つぶやき  

瓦礫 (がれき)

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

日本中が瓦礫を処理している中、ノルマまで設定しながら、一人、毎日、黙々と新しい瓦礫を生み出しているのは私だけでしょう。

毎日、執筆している講談社・ブルーバックスの第6作目の原稿です。瓦礫としか言いようがないほどメチャクチャな原稿です。整合性も全体構想も何もなく、とにかく書いて、書いて、書いてます。

 【1】「分かりやすい表現」の技術 1999
 【2】「分かりやすい説明」の技術 2002
 【3】「分かりやすい文章」の技術 2004
 【4】「分かりやすい教え方」の技術 2008
 【5】交渉力を強くする 2010
 【6】???????????? 20??


東京都などが被災地の瓦礫の受け入れを表明しています。しかし、ブルーバックスの編集部は私の瓦礫の引き取りを拒否するかもしれません。そうなれば、私のブルーバックス第6作目は世に出ないことになるのでしょう。

未整理の瓦礫状態のままになる予定ですが、とにかく、1月10日に取り急ぎ、原稿を提出すると編集者に約束し、自分を追い込んでいます。全く余裕のないギリギリの期限です。

時間に追われることが嫌いな私は、安全バッファーを確保しない期限を人に約束することは、普段なら絶対に取らない手法です。しかし、今回ばっかりは、自分を追い込まないと書き上げられないだろう、との判断から非常手段を取りました。

by robocop307 | 2011-12-25 23:29 | 執筆活動  

一視野の中に入れる

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら
一視野の中に入れる_d0168150_1365966.jpg

上の写真のように、車両番号が新幹線の車両連結部の全てに表示されていたら便利なのになぁ~、と時々思います。なぜなら、車両番号の昇順方向が一視野の中で分かるので、自分の指定席が9号車だった場合、右に行けばいいことが瞬時に分かるからです。

しかし、下の写真のように、車両連結部の片方に車両番号が表示されていないケースもあります。この場合、一視野の中では車両番号の昇順方向が分からないので、自分の車両の方向が瞬時には分かりません。ですから、キョロキョロ、ウロウロしなければなりません。
一視野の中に入れる_d0168150_1371692.jpg

「分かりやすい」とは、「間髪を入れず、瞬時に分かることができる」ことだと思います。街中の多くの標示物がこの基準を満たしていれば、人々の右往左往は激減するでしょう。サラサラ流れる血液のように、人の流れもサラサラになるでしょう。

間髪を入れず、瞬時に分かることができるには、 「判断に必要な情報を一視野の中に全て入れる」ことが鍵だと思います。人命に係わる災害時の避難経路を示す表示などでは、人々を右往左往させないために、このことは特に重要です。
【関連記事】

by robocop307 | 2011-12-23 23:53 | 意見表明  

我が家のツリー

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら
我が家のツリー_d0168150_15122378.jpg

ディッセンバー・フールのジョークです。我が家のツリーではありません。悪しからず。先日、利用したKKRホテルのフロント前にディスプレイされていたものです。

by robocop307 | 2011-12-23 15:13 | つぶやき  

2012年度のスケジュール

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら
2012年度のスケジュール_d0168150_2135205.jpg

2012年度の公募型セミナーのスケジュールがチラホラ決まりつつあります。ご関心のある方は、日程の確保だけでもされておくことをお勧め致します。

まだ、受付自体が開始されていないものがほとんどです。各主催者様のご都合にもよりますが、おおよそ実施日の2ヶ月位前から受付が開始されます。

本日は日経ビジネススクール様での英語セミナーの実施日でした。ありがたいことに、今日と同じ英語セミナーが日経ビジネスクール様主催で2012年5月31日(木)の午前10時からで再スケジュールされました。新しい英文ライティング講座も同日午後2時からスケジュールされました。

by robocop307 | 2011-12-22 21:36 | メルマガ過去ログ  

「承知しました」

メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

今年の流行語大賞は「承知しました」のはずですよね。最終回の瞬間最大風速の視聴率は40%だったそうですから・・・

by robocop307 | 2011-12-22 20:31 | テレビ、映画評論  

Ethan Hunt

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら

今日は気分転換のため、執筆ノルマの設定をいつもの3分の1に減らして、朝一でEthan Huntに会ってきました。本部からの司令discの場所を知らせるためです。
・・・ As always, should you or any member of your
I.M.Force be caught or killed, the Secretary will
disavow all knowledge of your actions. 
Good luck, Mr.Hunt. This disc will self-destruct in
five seconds.


帰路の運転中、自分自身が映画のワン・シーンの中にいて、別の車を追跡中のような気分でした。メインテーマをハミングしながら、不必要にアクセルを踏み込んでしまいました。

映画でスーパーマンを見た直後、しばらく自分自身がスーパーマンになったような気分になる幼児心理は、小学生以来、未だに治っていないようです。

さあ、これから執筆開始です。その後、あさっての英語セミナーの最終予習準備です。

by robocop307 | 2011-12-20 13:53 | テレビ、映画評論  

過去最高得点

【メルマガ申込みは → こちら 】 
【 藤沢晃治のサイトは → こちら
過去最高得点_d0168150_23391617.jpg
【写真はイメージで、記事内容とは無関係です。】
今月13日に滋賀県草津市で、ある企業様に1日研修をさせていただきました。去年からのリピーター様です。 「分かりやすく話す技術」というテーマでの研修でした。

受講者は、私同様、セミナー講師を職務とする方々でした。いわば、プロ講師集団です。その方々に「分かりやすく話す技術」というテーマで研修を行なうことは、「釈迦に説法」で終わるのでは、という大きな不安がありました。

実際、午後の実習で受講生の方々に実践していただいたプレゼンの品質レベルは、通常レベルを2ランクも3ランクも上回るもので驚きました。この方々に自分の研修が本当に必要だったんだろうか、と自問していたほどです。

プロ講師の方々が受講生だったので、私の研修に対する印象を書いてもらうアンケートでは、相当な辛口評価になるであろうことが予想されました。しかし、アンケート結果を集計して驚きました。総合満足度の五段階評価の平均値が4.87で、なんと過去最高記録だったからです。

この記録は私にとって瞬間最大風速のようなもので、この記録を破ることは、しばらく無理だろうというのが正直な気持ちです。

幸い、「おもしろかったですか?」の五段階評価の平均値でも、4.65と同じく好評価でした。プロ講師の方々にも私の研修が少しは役立ったようで、胸を撫でおろしています。

いつも宣伝くさい自画自賛、すみません。 m(__)m しかし、一切誇張の無い真実ですので、ご容赦ください。 m(__)m

by robocop307 | 2011-12-17 23:42 | メルマガ過去ログ