人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

ケーブルテレビの悪徳商法

【 公開セミナーは → こちら
【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
ケーブルテレビの悪徳商法_d0168150_07474049.jpg
この世は、ぼんやりしているお人好しは、騙されてしまう商法で溢れています。

偽装商法は、よくある偽装食品事件だけではありません。皆様、両目を全開にして、注意しましょう。

我が家のマンションにケーブルテレビ回線を引いているケーブルテレビ会社も偽装商法を行なう悪徳企業です。

我が家のマンションは、ケーブルテレビに加入していない世帯も、その会社の回線提供で通常放送を見ている環境です。

誤解していただきたくないことは、だからといってケーブルテレビに加入していない世帯もそのケーブルテレビ会社のおかげで通常のテレビ放送が見れている、という意味ではありません。

もちろん、元々、我がマンションでは正常にテレビは見れていました。そこへ、ケーブルテレビ会社が自分たちの営業拡大のために、我がマンションに回線工事をさせて欲しいとお願いしてきたのです。

その際に約束された条件は「ケーブルテレビに加入しない世帯には一切のご迷惑をかけません」というものでした。

その約束にもかかわらず、その悪徳企業は、「保守点検のため」という口実の元に、「全世帯の電波強度チェック」を行なう旨のチラシを全世帯のポストに投函し、希望日を記入して知らせよ、と言うのです。

「マンションの理事会の承認を得ています」という大義名分も用意されています。一見、論理的整合性は万全のようです。

理事会の役員など、疑うことを知らない普通の善良な方々が輪番制で担当することが多いでしょう。我がマンションもそのケースです。

そんな普通の方々が、「ケーブルテレビの保守のためには、全世帯の家庭内調査が必要です」と説明されたらどうでしょう。技術的専門知識のない普通の人々は「そうなのかな」と、コロッと言いくるめられてしまうわけです。

電力会社が「正常に電力が供給されているかどうか、全世帯内のコンセントの電圧チェックの検査、点検をさせてください」と言ってきますか?慎重に考えれば、ケーブルテレビ会社の要求が怪しげで悪質な偽装であることはすぐに分かるでしょう。

「各世帯内の電波強度チェックのご協力を呼びかけること」をマンションの理事会が承諾したとしても意味が曖昧です。

  【A】有志による協力者を募る、という意味と
  【B】全世帯の義務、

という二つの意味があり、曖昧なのです。

悪徳企業の狙いは、もちろん、後者の【B】です。しかし、理事会は、【A】の意味として承諾している可能性もあります。仮に理事会が【B】の意味として承諾したなら、理事会の越権行為の勇み足です。

なぜなら、マンションの共有部分ではなく、各世帯の専有部分に立ち入る点検を強制するとなると、マンションでの総会の承認を必要とするからです。全世帯の中に入っての点検が共有部分であるケーブル回線の保守に絶対必要とは言えないからです。

ですので、共有部分のケーブル回線の保守目的とはいえ、理事会の決定だけで各世帯への立ち入り検査に強制力を持たせることはできないのです。

「保守点検のため」という偽装によって、そのケーブルテレビ悪徳企業が真に狙っているものは何でしょうか?

それは、ケーブルテレビに未加入の家庭内に入り込んで、点検、保守の「ついで」と見せかけて行なう【ケーブルテレビ加入への営業】です。つまり、個別訪問営業の機会獲得が真の狙いです。

つまり、絶対に必要とは言えない保守点検を口実にしての偽装営業なのです。程度は小さくても「顧客を騙す」という行為は悪徳企業そのものです。顧客を無知なカモ集団としか見ていないわけです。

「消防署の方から来ました」と言いながら消火器を売りつけるヤカラと同類の品位無き企業が行なう錯覚商法です。「換気扇のフィルターを交換に来ました」というヤカラをご存じの方も多いでしょう。

あるいは、「床下を無料で点検します」と勧誘し、存在しない「白アリがいました」と脅して白アリ駆除サービスを売りつける点検商法が一番近いかもしれません。

集合住宅にお住まいの皆様、皆様の住居のケーブルテレビ会社は大丈夫ですか?ケーブルテレビ会社の「名称」と「点検商法」との2つのキーワードでネット検索してみることをお勧めします。

「点検商法」という言葉以外に「悪徳商法」とか「悪質」とか「詐欺」とか「強引」等の検索キーワードでも試してみましょう。

ケーブルテレビ会社の人に脅されたり、暴言を吐かれたりしたら、警察、消費者センター、国民生活センター、消費者庁への通報をお勧めします。

ケーブルテレビ会社の点検商法の口車に乗せられないように、くれぐれも注意しましょう!







 


by robocop307 | 2013-04-30 20:32 | 警鐘  

英語の学び方

【 公開セミナーは → こちら
【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
英語の学び方_d0168150_08470760.jpg
【出典:三省堂のサイトより引用】

今月中旬、あるメーカー様向けに

   『確実にマスターできる「英語の学び方」』

という3時間講演をさせていただきました。アンケートでの総合満足度(5段階評価)の平均値は、4.57でした。

同じ内容の講座を5月28日日経ビジネススクール様でも開催させていただきます。詳細は → こちら です。

以下、今回実施アンケート内でのフリーコメント(青字)です。

◆英語が聞き取れない理由がやっと分かりました!何だかすーっとしました。すごく興味深いお話でした。ありがとうございました。

◆漠然と英語を勉強しようと思っていたが、何から手を付けていいか今まで分からなかった。今日のお話を聞き、何をすべきかがクリアになった。

◆多くのことがハッとする内容だったため、今後の英語学習に大変役に立つと感じました。

◆「予測音とのマッチングで聞き取る」というのは、なるほどと思いました。

◆これまで英語が身につかなかった理由が分かりました。

◆藤沢さん個人がどうやって英語を勉強したかを知ることができて良かったです。

◆取りこぼしを拾うために、ワンランク下の参考書を選ぶというのは納得でした。

◆おっ!そうか!と思う点がいくつもあった。英語の勉強にやる気が出た。

◆臨界点を知ることができたのは良かった。

◆非常に分かりやすかった。ロジックがあるので理解しやすかった。

◆確実な英語の勉強法を教えていただきました。今までは少しやっただけで英語力がすぐに上がると安易に思っていました。そのため、その期待通りにいかず、途中で投げ出していました。コツコツとやっていけば確実に伸びるという裏づけを今日は教えてもらえました。

◆全て、おっしゃる通りだと思いました。反射脳と理屈脳のお話、ためになりました。

◆これまで霧のかかった英語の台地に立ち、自分の場所も目的地も見えないような状態でした。しかし、今は霧が晴れ、高い位置から全体をクリアに見渡せるようになった気がします。これからは、自分の位置と目的地、そして経路をしっかり見て進みたいと思います。

◆英語への接し方が分かった。まずは一歩進むところからスタートしたいと思います。

◆約3時間聞いていましたが、全然あきませんでした。素晴らしい。

◆手始めに何をするか、方向(目標)が分かりました。

◆英語に対する学び方が分かりました。今まで自分が思い込んでいた事が間違えていたと分かりました。これから学ぶ中で、今日学んだ方法で挫折を回避していけると思いました。

◆自分専用の教材を自分で作る件、早速やってみたいです。

◆今日教えていただいたことは、もっと早く知りたかったです。

◆自分専用のノート教材はすごく参考にしたいと思いました!臨界点を目指して頑張りたいです!

◆知らなかった方法がいっぱいあったので、実践してみたい!

◆「英語は簡単にマスターできる!」と主張する教材や広告が多い中、「英語は難しい!では、どうすればよいのか?」という点を理詰めで解説されていて面白かったです。

◆英語に対して、「しゃべりたい」というやる気が急増しました!頑張ります!ありがとうございます。


関連記事】   【講演内容の書籍













by robocop307 | 2013-04-29 22:14 | メルマガ過去ログ  

私の辞書にない言葉

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

◆群れる

◆媚びる

◆諂う (へつらう)

◆阿る (おもねる)

◆取り入る

◆空気を読む

◆残業

◆協調する

◆一丸となる

◆従順

◆お人好し

◆長い物に巻かれる

◆滅私奉公

◆ゴールデンウィークの渋滞

以上、周囲と同じ行動を取らない「一匹羊」という動物の行動様式に無縁な言葉でした。

一匹羊が会社員だったら「使えないヤツ」と呼ばれる不良社員ということです。私の会社員時代の上司だった皆さん、すみませんでした。

日本人全員が私のような一匹羊だったら、日本は絶対、経済大国にはなれなかったでしょう。

by robocop307 | 2013-04-28 23:56 | つぶやき  

また、酔い潰れたい

【メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

来月の中旬頃で、完全断酒してから1年になります。軽い気持ちで始めたノンアルコール生活でしたが、数々のメリットを体験するうちに、ズルズルと今日まで続いています。

ちょっぴり寂しさはあるものの、ほぼ毎日、ノンアルコールのビールやハイボールや各種カクテルで十分楽しんでいます。

しかし、アルコールは大好きだっただけに、またいつか、絶対に酔い潰れてみたいものです。その楽しさを十分知ってますから。

全くの妄想ですが、いつか、夜、高原のホテルの芝なんかで仰向けになって、満天の星空を見ながら酔い潰れてみたいですね。ホテルの屋上に露天風呂があったりするのもいいですね。

断酒する以前は、3日連続の休肝日を取る度に毎回、酔い潰れていたものでした。

忘れていましたが、大分以前にも1年間だけ断酒した経験がありました。それは、国家試験の通訳ガイド資格(英語)に合格するまでの1年間の断酒でした。

ガイド試験の予備校開催の合格祝賀パーティーに招待され、そこでのシャンパンで1年振りのホロ良いを楽しんだのでした。

そのパーティーで合格者全員で記念写真を撮ってもらいました。その後1年間位、その記念写真が英語関連の雑誌でその予備校の広告として使われていました。懐かしい思い出です。

by robocop307 | 2013-04-28 23:24 | つぶやき  

好きな人 (辛坊治郎さん)

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

◆好きな人:キャスターの辛坊治郎さん

◆理由:笑顔。するどいツッコミ。感情的な対立シーンにも、ユーモア感覚で、さっと場を和ますところ。

議論が錯綜、混沌としてきたときに、さっと、うまく要点をまとめるところ。

強い信念があるところ。一見、エヘラエヘラしていながら、自分の信念だけは絶対に譲らない頑固なところ。

長年、私が見ている土曜、朝の番組『ウェークアップ』で楽しませてくれるところ。

by robocop307 | 2013-04-27 09:25 | つぶやき  

ブームに便乗  (^^ゞ 

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

じゃあ、英語の勉強、いつ始めるのか? でしょう!

どう始めるのか? こうでしょう! (^^ゞ  m(__)m


英語の勉強スタート、また先送りにするんですか?

いつ先送りを止めるんですか? 【?】でしょう!




【林修先生のテレビCM(東進ハイスクール様)のパロディです。】

by robocop307 | 2013-04-25 09:05  

かなりの日本人が混同しているもの

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

◆ウィルスと細菌

◆乳酸菌とビフィズス菌

◆コレステロールと脂肪

◆個人主義と利己主義

◆仕事熱心と長時間労働

◆高カロリー食と肉食

◆「厳しく鍛える」と「暴言、体罰」

by robocop307 | 2013-04-23 09:07 | つぶやき  

米国人と日本人は、そっくり

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

米国人は「核の拡散はよくない」ということは理解しています。

「早い者勝ち」だったドサクサに紛れて、既に核保有国になってしまった一部の国々は、もはや仕方ないでしょう。しかし、ご存じのように、世界には、とんでもない「ならず者国家」もあるわけです。

ですから、「どの国家でも核を持つことは正当な自衛の権利である」などとは米国人も考えません。世界中の国家が自由に核を持ったら、世界秩序が目茶苦茶になることを米国人も理解できるわけです。

その同じ米国人の一部が、米国内での銃保持に対し、奪ってはならない「市民の正当な自衛の権利」と主張するわけです。

米国人は「核拡散は、国際秩序を崩壊させるので危険」と考え、一方で「国内の銃拡散は、個人の正当な自衛権の行使」と考えるわけです。私には、ダブル・スタンダードのように思えます。

そのような米国人は、「銃自体が悪いのではなく、銃を悪用する犯罪者が悪いだけ」と銃規制に反対します。しかし、「核自体が悪いのではなく、核を悪用する国家が悪いだけ。だから、各国の核保有による自衛権を禁止するべきではない」などとは主張しません。

一方、このように私たち日本人には、銃規制に反対する米国人のメンタリティを全く理解、共感できません。しかし、発想を切り換え、相手の視点で物を考えてみることは相互理解の上で重要です。

銃規制に反対する米国人の心理を想像してみましょう。もし、日本で包丁を使った殺人事件が多発したとしましょう。

そこで、包丁を買う場合、住民票の提出と免許書などの身分証明書の提示を必要とするように法改正しようとの動きが起こったとしましょう。その包丁規制法では、包丁を買う場合、さらに過去に犯罪歴がないことを証明する警察署発行の証明書の提出も必要だとしましょう。

あなたは、そんな法改正に賛成ですか?「包丁自体が危険なのではなく、包丁で殺人を犯す犯罪者が悪いだけ」などと考えませんか?こんな風に考えてみると、銃規制に反対する米国人の心理が少しは想像できるかもしれません。

「銃規制に反対する米国人の発想を全く理解できない」のレベルで思考停止するのではなく、もう一歩進めて、このように相手の視点を想像してみる努力も大切なことです。

そうしなければ、「井の中」で培ってきた自分の常識という「小さな世界」から一歩も抜け出ることなく、一生を終えてしまうような気がします。

それでは、たまたま自分が所属しているある一個の文化に飲み込まれて生きているだけにならないでしょうか。つまり、文化を超越して主体的に自由に思考する「自分」というものがなかった人生で終わるような気がします。

そのような人生では、「自分の考え」と思っていることは、実は全て「文化が自分をそう考えさせているだけ」という現象かと思います。いわゆる、文化にマインドコントロールされたまま一生を終えるような気がします。

一卵性双生児の赤ちゃんの一人であるA君を米国で育て、B君を日本で育ててみましょう。大人になったA君は、高い確率で、市民の自衛権である銃保持の自由は当然の権利だと考えるでしょう。

一方、同じく大人になったB君は、高い確率で、市民の銃保持の自由なんてクレイジーだと考えるでしょう。A君もB君も同じ「脳」の特質を持つはずなのにです。これが、文化が人の思想を支配するということです。

結局、「銃規制に反対する米国人」も、「そのことをとても理解できないと呆れている日本人」も、私の目には、両者は全く同じに見えます。

どちらも、自国の文化背景にマインドコントロールされているだけだからです。両国民とも、視点を変えたり、主体的に自由に考える力が不足している平凡で素朴な人々に見えるからです。

つまり、たまたま与えられている視点からの視界、発想、考え方を唯一絶対的に正しいと信じ込んでいる人々です。他にも別の考え方があるかもしれないなど、普段の常識を疑ってみるような柔軟な発想が乏しい無邪気な人々です。

「何様?」とご質問ですか? 「偏屈王の藤沢晃治様です」 (^^ゞ

by robocop307 | 2013-04-20 09:15 | 意見表明  

腎臓機能が若返る

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

健康診断の結果をもらいました。腎臓機能を表すクレアチニン値が昨年に引き続き、また改善されていました。

2010年から、ずっと改善し続けています。通常、腎臓機能は加齢と共に徐々に悪化する一方であることが普通なのにです。

やっぱり、減塩、小食、断酒、毎日のウォーキングと水泳が効いているのでしょうか。体の内面が若返るのは嬉しいですね。

【関連記事1】  【関連記事2】

by robocop307 | 2013-04-16 10:40 | 健康オタク  

『35歳の高校生』

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

米倉涼子さんの熱烈なファンの私としては、『35歳の高校生』も見逃しませんでした。

しかし、第1回を見た限りでは、ちょっと湿気た花火という感じでした。よくある思春期の悩み、葛藤がテーマで意外性に欠けていました。

また、一部で囁かれているようですが、米倉涼子さんは生徒役ではなく、月並みかも知れませんが、先生役でもよかったんじゃないか、と私も感じました。

by robocop307 | 2013-04-15 09:06 | テレビ、映画評論