人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

ただ聞き流すだけ? ウソだぁ~!

【 公開セミナーは → こちら
【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
ただ聞き流すだけ? ウソだぁ~!_d0168150_13290304.jpg
【出典:弁護士相談広場のサイトより引用】

あなたの周囲で、「ただ聞き流すだけ」で英語をペラペラ話せるようになった人を探してみてください。見つかりますか?

但し、重要な 「だけ」 の部分を見落としてはいけません。

もし、「英語を聞き流す」教材を使って英語を話せる人を見つけても、その方がその教材以外にも、他に色々と英語の勉強をしていた人は該当しません。

例えば、英語のイディオムを暗記したり、発音練習をしたり、聞きながらリピーティングの練習をしたり、英語の小説を読んでいたり、文法の勉強で強調構文や仮定法を知っていたり、洋画のDVDを英語字幕で見ていたり、NHKのラジオ講座で勉強していたり、英検にチャレンジしていたような人です。

そういう人は、たとえ「聞き流す」教材を使って、現在、英語ペラペラでも、もちろん、「ただ聞き流すだけ」で英語を話せるようになった人には該当しません

"How are you doing?""Nice to meet you."のような表現を何回も聞き流していれば、その人が「お元気ですか?」、「お会いできて嬉しいです」と言いたいとき、このような英語表現を言えるかもしれません。

つまり、音楽をただ聞き流すだけで、そのメロディーを口ずさむことができるようになるのと同じです。

一方、その人が何回もただ聞き流している教材の中に、
"They are so alike that I can't distinguish between them."という表現が含まれていなかったとしましょう。「だけ」ですから、他に英語の勉強は一切行なっていないという条件です。

その場合、その人はこの英語表現を聞いて理解できるはずがありません。また、自らがこの英語を話すはずがありません。

つまり、音楽をただ聞き流すだけでは、作曲できるようになれるはずがないのと同じです。

結論を言いますと、残念ながら、「ただ聞き流すだけ」で英語を話せるようにはなれません。

「ただ聞き流すだけで英語を話せるようになる」という主張は「ただ音楽を聞き流すだけで、作曲できるようになる」という主張くらいに怪しげな主張なのです。

そんな奇跡的なことが起こりうるのは、サヴァン症候群のような天才的能力を持つ人だけです。私たち凡人にはありえない話なのです。

もちろん、英語を聞き流すことには、英会話力の一部である「聞く力」を伸ばす効果は若干あります。「ウォラ」がwater(水)のことであり、「マスコウ」がMoscow(モスクワ)のことだと聞き取れるようになるからです。

但し、聞き流している教材に含まれていない「ヴァイアラス」という発音の単語が会話中に出てきても、virus(ウィルス)のことだとは聞き取れません。

また、他の勉強との併用をせず、「ただ聞き流すだけ」でヒアリング力を多少伸ばすだけでは限界があります。聞き流している教材にカバーされていない表現でも自由に話せるスピーキング力を獲得することができないからです。

日本語の知識が全く無い外国人が他の勉強を併用せず、「ただ日本語を聞き流すだけ」で、その外国人が日本語を話し始めるとイメージできますか?

その外国人の耳には「ここから新宿駅まで歩いて何分位ですか?」という日本語は「モヤモヤモヤモヤモヤモヤ」という意味不明な雑音にしか聞こえません。たとえ、その「モヤモヤ・・・モヤ」全体で「ここから新宿駅まで歩いて何分位ですか?」という意味だとの英訳で解説されていてもです。

このような「モヤモヤ・・・モヤ」をただ聞き流すだけで日本語を話せるようになると思いますか?語学の天才の幼児でなければ、そんなことはありえません。

「だけ」と「流す」抜きの「英語を繰り返し聞くこと」なら、実は英語力の中級者以上には、それなりの効果があります。他の勉強との併用という条件付きですが。

しかし、英語が「モヤモヤ」にしか聞こえない英語初心者には、英語を話せる力を伸ばす効果はほとんどありません。今まで、何回も字幕付き洋画で英語を聞き流してきただけで、映画を見終わった直後、少しは英会話力が伸びた実感があったでしょうか?

「ただ聞き流すだけ」で英語を話せるようになるなら、学校の英語の授業は全て廃止すべきでしょう。代わりに、休み時間、昼休み、部活時間帯などに学校全体で英語をBGMのように流してはどうでしょうか。これで日本人全員が英語ペラペラになれるはずだからです。

教材を販売したい人々が英語習得の安易さを強調するのは常套手段です。彼等の主張は、眉に唾を付けて、ただ聞き流すだけにしましょう。

真実を話せば、残念ながら、英語をペラペラ話せるようになるには、アルプスの山頂まで登山するような大変な努力が必要です。聞きたくない、耳が痛くなるような話でしょうけれど、これが真実です。

しかし、そのことを知らず、その辺をハイキングするような感覚の軽装でアルプスに立ち向かえば、ほとんどの人が挫折するのは当たり前なのです。

ただ、本物の登山と違い、英語習得には危険なロッククライミングもクレパスも雪崩れもありません。ですから、時間がそれなりにかかり、決して楽ではありませんが、英語習得までの安全で確実な道は存在しています。山頂まで通じている、凡人でも誰でも歩ける確実な道です。

但し、同じく時間がかかる間違った道も同時にたくさん存在しています。迷路に迷い、それらの間違った道を長年、勉強して進んでも、残念ながら英語を習得することはできません。

「英語習得はハイキングのように簡単だ」という幼稚な騙しが多いのが世間です。とは言っても、幸い、そんな幼稚な騙しには引っかからない合理的な判断力を持つ人が大多数なようです。

しかし、そのような人も、是非、迷路で迷わないように注意してください。迷路で遠回りな間違った道を進まず、英語習得という頂上に通じている確実な正しい道を発見してください。

一方、「英語習得はハイキングのように楽だ」と今まで洗脳されていた方々は、そろそろ目を覚ましてください。何か上手い方法で「楽すること」ばかり考えている方々です。

つまり、自分の足でのアルプス登山を開始する決心がなかなかつかない方々です。未だにヘリコプターやロープウェイを探して安易に頂上に行こうと、甘いことを考えている方々です。

そろそろ、観念して自分の足で登山を開始する決意をしてください。既に自分の足で登山を始めている人は大勢います。覚悟を決めて早く開始した人から順に頂上に到達しています。

ですから、見つかるはずのないロープウェイやヘリコプターを探していつまでもウロウロしていれば、その時間だけあなたのスタートがますます遅れるだけです。

「語学習得に王道無し」とは「語学アルプスにロープウェイやヘリコプター無し」という意味なのですから。  


関連記事

by robocop307 | 2013-05-25 08:50 | 警鐘  

皆様の目を覚まします!

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

「上から目線」の表現で恐縮ですが、来週、英語学習法に関して勘違いされている多くの方々の目を覚まします。詳しくは → こちら
6月の大阪開催はこちら


皆様の目を覚まします!_d0168150_875167.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8162242.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8454969.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_846732.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8462054.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_1320371.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_9155655.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8444068.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8245651.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

皆様の目を覚まします!_d0168150_8295575.jpg
(C)Copyright Fujisawa Kohji, 2013. All Rights Reserved.

詳しくは → こちら


今までずっと先送りしてきた英語の勉強を今月こそ始めようと決意している方々、英語の勉強法に迷っている方々、皆様のご参加をお待ちしております。

私の講座内容を理解するのに英語力は全く不要です。中学英語さえも完全に忘れていても大丈夫です。

どうぞ、今のうちに!ある日突然、あなたの上司が外国人に変わってしまう前に!

【過去の受講者の声】

by robocop307 | 2013-05-19 08:48 | メルマガ過去ログ  

「可能性はゼロではない!」

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

最近、好きなテレビCMは、カゴメ野菜ジュースのCMです。中年オヤジが力強く語る次の勘違い妄想のセリフが好きです。

可能性ってのはなぁ~、ゼロではない!

この勘違いプラス思考好きですね~。(^^ゞ これを聞くと、私も思わず釣られて、勘違い妄想が湧いてきます。

大好きな「女優の貫地谷しほりさんに会える可能性はゼロではない!」などと嬉しい妄想をしてしまいます。

実際、今日の土曜日、午後1時頃、新大阪駅の新幹線ホームの27番線で生の貫地谷しほりさんを見ました!(←ウソではありません。) 

もちろん、テレビCMのような彼女の肩を抱くような妄想はありませんでしたが、生の彼女を見れただけで感激でした! 

私は大阪での講演帰りでした。貫地谷しほりさんは、私と同じ新幹線で私の車両の隣の隣の車両に乗ったようです。

厳密に数学的には、私がパク・ミニョンとデートできる可能性もゼロではないはずです。(^^ゞ  松嶋菜々子さんとデートできる可能性もゼロではないはずです。ドーベルマンに噛まれそうですが。(^^ゞ

限りなくゼロに近くても、数学的には決してゼロではないはずです。万一、突然、私の人生が退屈になったとしても、勘違い妄想で、すぐに勇気と希望が持てそうで嬉しいです。

妄想を行動に移すおバカさんが悪玉ストーカーで、妄想を楽しむだけの私のようなタイプは善玉ストーカーかもしれませんね。

男って、ホント~~~~~~にバカな生き物ですね。同じく善玉ストーカーらしい関根勤さんと同好会でも作ろうかな。(^^ゞ

by robocop307 | 2013-05-18 23:52 | テレビ、映画評論  

多分、終わりましたね

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

日本維新の会・・・

【関連記事】 

by robocop307 | 2013-05-16 22:17  

三浦雄一郎さん

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

尊敬もしますが、視点を変えれば、単なる「チャレンジ依存症」でしょう。

庶民なら誰でも我慢しているチャレンジ無しの平凡な生活では、高揚感を感じることができず、禁断症状で精神的に落ち込むのでしょう。

要するに皆から賞賛され、注目され「ハイな気分」を求めてチャレンジするしかないのです。

泳ぎ続けないと死ぬマグロに似ているかもしれません。ある意味、気の毒でもあります。

by robocop307 | 2013-05-16 15:36 | つぶやき  

イソジンが透明に!!

【 公開セミナーは → こちら
【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
イソジンが透明に!!_d0168150_10100642.jpg
老化原因の一つの柱である活性酸素の害毒は有名です。夏には、紫外線が作りだす活性酸素がシワ、シミ、弛みなどの原因になるわけです。

活性酸素は他にも発癌や動脈硬化等、体内の諸々の老化を促進することは、ご存じの通りです。

我家では、そんな活性酸素を中和してしまう水素水を作る浄水器をキッチンに設置して、もう10年以上になります。

「水素水」以外に「アルカリイオン水」や「電気還元水」等、巷では色々な呼び方があるようです。

ところで、先日、そのような水素水の抗酸化力の強さを判定する簡単な方法がネットで紹介されているのを見つけました。

コップに水素水を注ぎ、イソジンガーグルを数滴垂らし、透明になれば十分な抗酸化力があるとのことでした。

私は化学は専門ではないので原理は分かりません。しかし、すぐに実験してみました。

ただの水道水と浄水器を通過して作られた水素水との両者で比較しました。結果は明瞭でした。やはり、水素水の方だけ、完全な透明になりました。

ということは、やはり、水素水を飲むと、ある程度は体内で活性酸素を中和しているのではないかと思い、嬉しくなりました。

しかし、もしかしたら、私が読んだそのネット情報は、浄水器メーカーの「やらせ書き込み」で、私は、コロッと騙されているだけなのかもしれませんね。

それに、コップの中ではそれなりの還元力(抗酸化力)が確かにあったとしても、体内に飲み込んだ瞬間、強力な酸性である胃酸と混じります。それ以降の抗酸化力はどうなんだろう、と考えると、なんだか怪しい気もしてきます。







 


by robocop307 | 2013-05-14 21:41 | 健康オタク  

最後の便乗 (^^ゞ

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

英語の勉強。

また、「いつかそのうち始めよう」の先送りですか?

じゃあ、どこで先送りを止めるんですか?

ここでしょう! (^^ゞ

【関連記事】

by robocop307 | 2013-05-14 15:01  

国際版 『秘密のケンミンSHOW』

【 メールは → こちら
【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

みのもんたさんと久本雅美さんが司会をする『秘密のケンミンSHOW』というタイトルのテレビ番組があります。好きな人も嫌いな人もいるでしょう。私自身は、あまり見ません。

各県民の独特な奇妙な習慣を紹介する番組です。おもしろいのは、ある県だけにある「奇妙な習慣」に関し、その県民自身はその習慣が「奇妙」とは自覚していないケースが多いことです。私自身を含め、誰でも日常生活では「井の中の蛙」なのですね。

例えば、今、私が作った架空な話ですが、あるA県の県民は、家族全員の入浴が終わると、家族全員が居間に集まってカキ氷を食べる風習が昔からあったとしましょう。

しかし、A県の県民は、入浴後に家族全員でカキ氷を食べるその風習がA県だけの風習であるとは知らず、日本全国の普通の習慣だと思っているケースが多いのです。

これと同じことが国際関係でも言えます。またまた相似形ですね。つまり、日本人独特の習慣なのに、日本人自身はそのことを自覚していないケースです。

先日、テレビだったか、ネットだったから得た情報で、日本に住んでいる外国人が自分が「日本に長く居過ぎたと思う瞬間」というのを紹介していました。次の3点だったと思います。

【1】色の「白」の反対を「赤」だと思うとき。
【2】友人に血液型を尋ねるとき。
【3】冬に半袖を着ている人に「寒くないですか?」と尋ねるとき。

同じテーマに関して外国人が書いた書籍で、以下のようなことを十年以上前にも読んだことを覚えています。

◆日本のコインが本物に見えてくるとき。
◆震度3程度の地震が来ても、気にせず仕事を続けているとき。
◆他人の発言を首を上下に頷きながら聞いているとき。

だそうです。

ところで、上に書いた赤字の【3】が、なぜ日本独特なのかに関し、皆さんはピンと来ましたか?私はすぐには分からず、知人等と雑談し、やっと納得しました。

もちろん、推測なので、【3】が何を意味するかは、そのうち外国人に確認してみたいと思います。本日時点の私の推測は書きませんので、皆さんも【3】の理由を考えてみてください。

この【3】を通じて、一つの大きな発見をしました。「へ~、日本って、こうだったんだ~~!」という発見でした。

文化の特徴とは「比較して初めて気づく」ものなのですね。だから、海外に出たことがない人は「日本のことを何も分かっていない人」なのかもしれませんね。もしかして、これが「比較文化論」の語源?

by robocop307 | 2013-05-11 10:08 | つぶやき