人気ブログランキング |

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

滑稽な誤解

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

世間には、滑稽な誤解をする人が多いようです。

例えば、ハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工肉を1日に50グラム常食すると、大腸癌を発症する率が18%増加するというWHOの発表がありました。

この発表を「1日50グラムの加工肉を常食する人の100人のうち、18人に大腸癌が発症する可能性がある」と誤解している人もいるようです。笑い話ではありません。過剰な単純化による誤解です。

日本人男性10万人のうち、大腸癌の発症率は116人程度です。加工肉を1日50グラム常食する日本人男性の場合、この確率が18%増加するわけです。

つまり、大腸癌発症の元々の確率が0.116%です。加工肉を1日50グラム常食する人に限定すれば、平均値と比較して、その確率が0.137%に増加する、という意味です。確率の増分は、0.021%程度です。

加工肉50グラムの常食の発癌率が18%であると単純に誤解している人は、850倍以上の勘違いをしているわけです。

ご参考までに、大腸癌に限った話ですが、喫煙が発癌率を高める増分は約40%です。加工肉の18%より深刻です。

したがって、今回のWHOの発表で加工肉を心配している方が、もし喫煙者なら、加工肉を心配するより喫煙を心配するほうが先ではないでしょうか。基本的には個人の価値観に委ねられる問題ではありますが。

ところで、ここで紹介した加工肉に関する誤解以外にも、世間では、以下のような同種の滑稽な誤解が数多く溢れているのはご存じの通りです。全て過剰な単純化による誤解です。

◆肉食が不健康で、野菜が健康食。

◆痩せるためには、摂取する総カロリー量を落とせばいい。

◆総コレステロール値が高いのは不健康。

◆プリン体含有量の少ないビールを飲んでいれば、痛風の心配はない。

◆卵を食べすぎると、コレステロールの取り過ぎになる。

◆味が濃くないと美味しくない。味が薄いと物足りない。

◆蕎麦は低カロリー食でヘルシー。

などなど・・・

Ignorance is bliss.

by robocop307 | 2015-11-29 09:33 | 健康オタク  

『下町ロケット』

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

私は筋金入りのへそ曲がり、偏屈男なので、話題になっているようなドラマは見ないようにしています。

しかし、つい最近、「下町ロケット」を覗いてみました。面白かったです。私の毎週録画リストに加えてしまいました。

主人公の娘さんが理系で、私の母校の学生という設定にも、「それって必要?」と感じつつも、面白かったです。

ちなみに、私の「毎週録画リスト」は、健康番組と韓ドラがほとんどです。日本のドラマで唯一、登録されてるのが「下町ロケット」なのです。




















x

by robocop307 | 2015-11-28 09:13 | テレビ、映画評論  

知りませんでした

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

映画『トランスポーター』のシリーズを全く知りませんでした。

古い映画らしいですが、これほど面白い映画のことを知らなかったとは!

数日前に、なにげなく予約録画しておいた『トランスポーター3 アンリミテッド』を今、見終えたところです。

ジェームズ・ボンドに血肉騒いで興奮していた懐かしい大昔の日々を思い出しました。

自宅のテレビ画面を通じてですが、映画って、本当にいいですね。

しかし、こんな上質な映画を知らなかったとは、うかつでした・・・

by robocop307 | 2015-11-24 23:32 | テレビ、映画評論  

ついつい見てしまう・・・

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

韓ドラ好きな私ですが、最近、ついつい珍しいものを見ています。台湾ドラマです。

恐らく、台湾ドラマを見るのは生まれて初めてだと思います。 『王子様をオトせ!』というたわいもないラブ・コメディです、多分。

韓ドラだけでも、ジャンルは広く、韓ドラの特徴を一言で語れるわけではありません。それだけ、韓ドラの種類は雑多です。

それでも、この台湾ドラマは、見慣れているどんな韓ドラとも違います。全く異次元の別世界を見せてくれます。

ついつい見続けている理由は、ストーリーが面白いからではありません。

今、夢中になっている韓ドラの『太陽がいっぱい』と比較したら、ストーリーは、たわいもないとしかいいようがありません。コメディですから、当たり前ですが。

見続けている理由は、ヒロインを演じる女優のパフ・クオさんが、日本の真野恵里菜さんにあまりにそっくりだからです。最初、台湾語をマスターした真野恵里菜さんが出演していると思ったほどです。

私が以前、『美女学』というテレビ番組に、真野恵里菜さんと一緒に出演させていただいたことがあるので、注目していたのです。

パフ・クオさんと真野恵里菜さんが似ているというのは、どうやら私だけの印象のようです。ネット検索したところ、そのような記述は見当たりませんでしたから。

とにかく、台湾という国に初めて出会ったような気分です。毎回、ファッショナブルな衣装で活発なヒロインを演じるパフ・クオさんを見るのは楽しいです。

韓国語とは全く違う、小鳥のさえずりのような台湾語も耳新しいです。

とは言え、現在、一番夢中になっているのは、韓ドラの『太陽がいっぱい』です。4、5回分録り貯めてから、深夜にCMを飛ばして連続して見る習慣です。とにかく面白すぎます。

韓ドラの『密会』は、「毎週録画リスト」から消去しました。『密会』も異色で注目していましたが、なんとなく単調でサヨナラしてしまいました。

by robocop307 | 2015-11-22 22:07 | テレビ、映画評論  

歯石を取る本当の理由

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

この記事(↓)、とても役に立ちます。
    こちらです。

ちなみに、先日、定期的な歯の検診をやってもらいました。

担当歯科医が別の方に変わって私を診るのが初めてでした。だからなのでしょうけれど、「歯の状態は20代ですね。この状態を維持してください」と誉められました。

虫歯も歯周病もゼロだそうです。歯周病予防オタク(オーラルケア・オタク)の私としては、嬉しかったです。

そういえば、2カ月ほど前に最新鋭の装置で測定してもらった私の骨密度も医師に20代と言われました。正確には、測定結果が20代の人の骨密度の98%ということでした。

by robocop307 | 2015-11-14 09:24 | 健康オタク  

平和ボケ国家

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

日本が平和ボケ国家であることがよく指摘されます。私も時々、そう感じます。

国内の犯罪率が低いため、日本人の防犯意識が海外に比較して異常に低いことと相通ずるような気もします。同じ臭いがします。

私は海外での居住経験があるわけではありませんが、日本人の防犯意識の低さに、「バッカじゃないの!」と思うことがよくあります。ボーッとしていて脇が甘いのです。

例えば、人通りの少ない夜道での女性の歩きスマホ。昼間の歩行中でも、私の背後10m以内に人が入るのを許さない私と大違いです。通り魔が怖いからです。

私の背後に人が歩いていたら、立ち止まってその人を先に行かせます。こうして、歩行中、私の背後10mはいつも人がいません。

病的だとは自覚してますが、駅のホームで電車を待つときも、行列の先頭には絶対、立ちません。電車が入ってきたとき、背後から押されて線路に突き落とされると悪いからです。

日本人の防犯意識の低さを頻繁に感じるのは、他にもセルフサービス式のカフェがあります。席が混んでいるような際、カウンターで自分の飲み物を注文しようとすると、店員さんにこう尋ねられます。「席を先に取ってありますか?」と。

そのとき、「お一人様」の客に「席使用中」のようなカードを店員さんが渡してくれるわけではありません。一人客の場合、どうやって席を確保しろと言うのでしょうか。

もちろん、私物の何かをテーブルか椅子において、そのテーブルが「使用中」ということを示せ、との発想なのでしょう。尋ねたことはありませんが。

じゃあ、仮にカウンターから遠いところにある席に私物を置いたらどうなるのでしょう。カウンターに戻ってコーヒーが出来上がるのを待っている間、どうなるのでしょう?

その私物が盗難にあった場合、私物を置いて席を確保するように指示したそのカフェは責任を取る覚悟があるのでしょうか。もちろん、そんな覚悟はありません。

そんな短時間の間に盗難が発生すること自体を単に「想定していない」のです。能天気なだけなのです。

少々飛躍しますが、福島原発を襲った大津波を想定していなかった東電と五十歩百歩です。規模は違いますが、その本質においては同じです。経験しないことを想定する能力に欠けているのです。危険に対する想像力の欠如です。

経験してから、やっと後手策の検討を開始するわけです。「愚者は経験に学ぶ」の典型です。平和ボケ国家の本質かもしれません。

平和が続くことはよいことですが、平和が長くなると、有事に対する想像力が失われ、備えが徐々に薄くなっていくわけです。

但し、憲法改正の手続きを迂回し、国民の合意を得ずに安保法案を可決した憲法無視の強権政治には断固反対です。

たとえ国民の大多数がバカであっても、民主主義では最終決定権は、そのバカ殿である国民にあるのです。憲法やバカ殿の意向を無視して、正しいと信じることであれば何でもやるなら、単なる「独裁」です。

民主主義とは、素人集団の多数決で将棋の次の一手を選ぶようなものです。少数派の有段者達が主張する次の一手が実は最善手だとします。

しかし、民主主義では、素人集団の多数決がその手を選ばない限り、その最善手を指してはならないのです。民主主義とは本来、このように、素早く最善手を指せない非効率な制度なのです。

専門家は最善手を瞬時に選び出せます。しかし、主権者であるバカ殿が最善手を理解し、選択するまでには当然、時間がかかります。この時間がかかるという非効率こそ、民主主義が宿命的に持つ欠陥なのです。

しかし、民主主義以外に独裁を防ぐ有効な代替案がないので仕方ないのです。民主主義とは、欠陥がありながらも、「独裁者よりもバカ殿の方がマシ」という、歴史から学んだ「人類の知恵」なのです。

ところで、席を先に確保せよ、と一人客に言うなら、盗難の可能性を防いであげる「席使用中」カードのようなものを準備するくらいの親切心、機転が働かないのでしょうか。

近所のある有名カフェの店員さんに、そのような使用中カードを準備することを提言してみました。しかし、2年以上経ちますが、以前と変わらず、私物での席確保を要求しています。

仕方ないので、私は自分で「この席は使用中です」カードを作りました。コーヒーカップのイラスト付きで。クレジットカードと同じサイズにして、常時、財布に入れています。透明なラミネートフィルムで加工したので形状だけは本物のクレジットカードのようです。
















x

by robocop307 | 2015-11-10 19:33 | つぶやき  

肺CTの予約しました

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

私は健康オタクですが、ガンの早期発見オタクでもあります。

ご存じの通り、胸部レントゲン撮影で肺癌を早期発見できる可能性はかなり低いです。ですので、早期肺癌の発見率が90%以上である肺CTを予約しました。

ただ、従来の肺CTは、機種によっては、放射線被曝量が20mSv(ミリ・シーベルト)だったりします。私が怖くてずっと避けてきた胃バリウム検査と同程度の被曝量です。0.1mSv程度の胸部レントゲン撮影の200倍の被曝量です。

肺癌を早期発見するために、放射線被曝で発癌率を高めてしまうのではバカバカしい話です。そこで、被曝量の小さいマルチスライスCTを使っている医療機関を探しました。

幸い、近所の大学病院でやっている人間ドックがマルチスライスCTを使っていることが分かりました。マルチスライスCTと言ってもピンキリなので、放射線照射量を事前確認しました。照射総量で1.0mSvを超えないことが分かり、肺CTだけの単品予約をしました。

ところで、昨年やってもらったアミノインデックス検査では、私の発癌リスクが最も高かったのは胃癌でした。そこで、ピロリ菌には感染していませんが、胃の内視鏡検査は年2回やっています。

静脈麻酔でやってもらうので、全く苦痛はありません。ちょっと気持ちよく昼寝している間に終わってしまう、という感覚です。以前、やっていた静脈麻酔無しの内視鏡検査は、喉の反射反応が強い私にとっては地獄でした。

胃癌に対しては、自宅用検査キットでABC血液検査も時折やっています。Amazonで買います。胃癌の前段階である萎縮性胃炎の進行度が数値で分かるからです。胃癌の「ある・なし」しか説明されない胃の内視鏡検査では分からない情報を与えてくれます。

大腸癌を早期発見するための便潜血検査は、年4回やっています。つまり、3ヶ月毎にやっています。あの便潜血検査は、人ヘモグロビンに対して非常に高感度です。

ところが、あまり知られていませんが、早期大腸癌に対する発見率(陽性率)は、約50%程度です。進行癌でも60~70%程度です。つまり、早期癌の約半分は陰性判定で見逃がされてしまうわけです。

そこで、私のように年4回実施することで、早期癌を1年間のうちに発見できる確率を90%程度にまで高めることができるのです。数学の確率が好きだった方は、簡単な計算で確かめてみることをお勧めします。

仮に便潜血検査で陽性だったら、大腸内視鏡検査をやってもらえばいいわけです。その場合でも、早期大腸癌である確率は3%程度です。運悪くその3%に該当しても、早期大腸癌で死ぬことはほぼありません。5年生存率は、限りなく100%に近いのです。

前立腺癌に対しては、年2回、腫瘍マーカーPSAの血液検査をしています。他の臓器の腫瘍マーカーは癌の早期発見には使えません。早期癌には反応しないものが多いからです。PSAだけは例外で、早期の前立腺癌の発見に役立ちます。

私は慢性膵炎持ちなので、膵臓癌を発症するリスクが通常の人より高いです。だから、早期発見がむずかしいことで有名な膵臓癌を恐れています。

ただ、糖尿病の指標として有名な血液検査でのHbA1cの数値を膵臓癌早期発見のためにモニターしています。健康診断を始め、たいていの血液検査に含まれている普通の検査項目です。

食生活など生活習慣を全く変えていないのに、このHbA1cの値が急上昇してきたら、糖尿病を疑うだけではなく、早期膵臓癌の可能性もあるようです。

HbA1cの値の上昇、すなわち、血糖値が高くなってきたことは、当然、膵臓の働きが低下していることを意味するからです。肝臓癌の早期発見作戦は、現在、模索検討中です。

癌早期発見オタクの私にとって、全身をPET/CTで定期的に検査してもらうことはとても魅力的です。ただ、8mSv程度の放射線被曝量のせいで躊躇しています。胸部レントゲンの80倍の被曝量だからです。

特定の悪性腫瘍の疑いがあるなら、PET/CT検査を一回受けることは、放射線被曝のデメリットよりも癌早期発見のメリットが勝つでしょう。

しかし、現在、悪性腫瘍の具体的な疑いがない私にとって、定期的なPET/CT検査で毎回8mSvを被曝するデメリットは無視できません。もし、PET/CTがMRIのように被曝無しだったら、迷わずやってもらうでしょう。

空巣を防ぐ目的でどんなに防犯対策を取っても、空巣に入られる確率をゼロにはできません。だからといって、防犯対策は意味がない、とは言えません。

同様に、早期癌を見逃す確率をゼロにはできないからといって、癌の早期発見の努力はバカバカしい、とは言えません。努力によって確率をなるべく小さくするだけでも十分な意味があると思います。

by robocop307 | 2015-11-07 20:38 | 健康オタク  

またまた発見!

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

またまた、おもしろい韓ドラを発見してしまいました。医療ドラマの「シンドローム」です。

但し、第15話当たりで発見したにすぎません。全20話らしいので、遅すぎる発見でした。

ストーリーが大分進展してからの発見でした。残念です。

数話分を見ただけなのですが、それでも、どんどん引き込まれています。

こういうおもしろいドラマをポンポンと生み出す韓国の文化レベルの高さを尊敬してしまいます。

最初から見たかった~~~~(>_<)

by robocop307 | 2015-11-07 09:01 | テレビ、映画評論  

韓ドラ「追跡者」

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

半年位前に録画しておいた韓ドラの「追跡者」を昨晩、最終話までやっと見終えました。

途中に入っていた「ニュース速報」の内容が大分古かったので、やはり、放映時より大分時間が経っていることを実感しました。

韓ドラの品質は、もちろんピンキリですが、「追跡者」は重厚で上質でお勧めです。大統領候補の殺人を暴いていくドラマです。

全16話の途中は、少々、不自然に話を引っ張るケ所はあるものの、最後までダレませんでした。よくできていました。

つい最近までやっていた韓ドラ「弁護士の資格~改過遷善」もなかなか見応えがありました。

「追跡者」も「弁護士の資格」も、どちらもお勧めです。

ただ、私はこの種の重厚なものだけが好きなわけではありません。軽いラブ・コメディみたいな韓ドラも大好きです。

現在、放映中の「密会」は、数多くある韓ドラの全てと、とても違ったタッチで、ついつい見てしまいます。「太陽がいっぱい」もワクワクしています。全て録画ですが・・・・

by robocop307 | 2015-11-05 09:23 | テレビ、映画評論