人気ブログランキング |

<   2017年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

不審死?

【 公開セミナーは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら

【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
不審死?_d0168150_21453505.jpg
【出典:NHK NEWSより引用】

ご存じでしょうか?ロシアのプーチンさんの政敵やプーチンさんを批判するジャーナリストは、よく不審死します。

前川さんも不審死してしまうようなことがないことを祈ります。現実世界は冷厳です。油断禁物です。

政権側が前川さんをガードすることはあり得ないので、野党の皆さん、皆さんで経費を捻出して前川さんを当分の間、護衛してはいかがでしょうか?

前川さんご自身も、例えば、「駅のホームで電車を待つときには、行列の先頭に立たない」など、十分、自重してください。

不審死までではなくても、社会的「死」を狙うトラップにも十分注意する必要があります。

例えば、通りを歩いている時に、いきなり違法薬物所持の現行犯で逮捕されるかもしれません。

警察官が前川さんを職務質問します。その際、予め違法薬物を密かに握った警察官が前川さんのポケットをチェックし、ポケットの中から違法薬物が見つかった、とされるわけです。

他にも、雇われた「女性仕掛け人」による満員電車の中での「痴漢冤罪トラップ」も考えられます。

そのようなトラップでは、仕掛け人は女性だけでなく、裁判のために数人の「目撃者仕掛け人」も同時に用意されているはずです。

そんな仕掛け人プロ集団のトラップに陥れば、ひとたまりもありません。現在の司法制度では、有無を言わさず、奈落の底に葬り去られます。

女性専用車両で守られている女性と違い、現在、男性を男性専用車両で痴漢冤罪から守る、という発想、男性向けサービスがありません。

そんな現在、満員電車は一般男性にとってさえ、極めて危険です。ガス漏れしている部屋でタバコを吸うくらい危険です。

ましてや、政権側がどんな手段を使ってでも抹殺、口封じしたい前川さんにとっては、一般男性より百倍危険なはずです。

ですから、前川さん、現政権が継続している間は、念のため、できることなら満員電車も絶対に避けたほうが安全かと思います。

前川さんの挨拶メール (朝日新聞DIGITALより)】







x

by robocop307 | 2017-05-28 21:48 | 警鐘  

自動録画設定

【 公開セミナーは → こちら

【 メルマガ申込みは → こちら

【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】

自動録画設定_d0168150_20482748.jpg
【出典:『リバース』の公式サイトより引用】

私が最近、自動録画設定しているテレビ・ドラマは、以下の通りです。

赤字表記のドラマが、毎回、楽しみにしていて真剣に見ているものです。

それ以外は、毎回、自動録画されてはいるものの、ただ、なんとなく惰性で斜め見したり、しなかったりする程度です。つまり、あまり真剣には見ていません。

■日ドラ
  ●小さな巨人
  ●CRISIS公安機動捜査隊特捜班
  ●リバース


■韓ドラ
  ●1%の奇跡
  ●オー・マイ・ビーナス
  ●ゴハン行こうよ(シーズン2)

今日の土曜日に「リバース」の最新2回分を見ました。盛り上がってきましたね。

韓ドラの「ゴハン行こうよ」は、シーズン1も好きでしたけど、今回のシーズン2も好きです。

「1%の奇跡」は、確か第7話か第8話辺りから見始めたばかりです。まだ、ストーリーの全体像が把握できていない状態です。

「小さな巨人」は、リアリティを台無しにする香川照之さんの大袈裟でマンガ的な顔芸のせいで、いつも真剣に見る気が失せてしまいます。

香川照之さんが出演依頼されたのは、まさしくその顔芸が評価され、期待されてのことだとは十分理解しています。だから、ご本人もますますその気になってしまうのでしょう。

しかし、本物の悪党は、私のようにもっと温厚で善良そうに見えるものです。そろそろ自動録画リストから外そうと思います。

「1%の奇跡」と「オー・マイ・ビーナス」も、それほど面白くないので、近々、リストから外すと思います。




x

by robocop307 | 2017-05-27 20:53 | テレビ、映画評論  

自民党は銀行強盗を支援?

【 公開セミナーは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら
【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
自民党は銀行強盗を支援?_d0168150_08581112.jpg
【出典:こちらのサイトより引用】

受動喫煙防止に猛反対している自民党の喫煙オジサン達が面白いことを言っているようです。

「喫煙を愉しむことは憲法第13条で保障される幸福追求権に含まれる」

と豪語しているようです。「だから、受動喫煙防止で喫煙の権利を奪うことは憲法違反だ」という論理のようです。

注意していただきたいことがあります。恐らく皆さんは当然、ジョークで言っていると解釈するでしょう。しかし、なんと、そうではなく、大真面目に本気で主張しているのです。

自民党の喫煙オジサン達のこの論理を尊重するなら、じゃあ、自分の幸福追求のために金が欲しくて銀行強盗することも幸福追求権に含まれるということになります。

銀行強盗、麻薬売買、賭博、営利誘拐などなどの犯罪は、周囲に受動喫煙を撒き散らす喫煙同様、自分の幸福を追求するために他人の幸福追求権を侵害する行為です。

つまり喫煙同様、こうした犯罪の全ても本人が幸福を追求する行為です。ですから自民党は、喫煙同様、全ての犯罪も憲法で保証された権利として合法化する法案を提出したらどうでしょう?









x

by robocop307 | 2017-05-24 09:06 | つぶやき  

親の顔が見てみたい

【 公開セミナーは → こちら
【 メルマガ申込みは → こちら
【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
親の顔が見てみたい_d0168150_10185710.jpg
【 出典:こちらのサイトより引用 】

相似系3連発。

■親の顔が見てみたい。

■大西英男議員を公認している政党の顔が見てみたい。

■オジサン政治の自民党政権を長期存続させている国民の顔が見てみたい。


大西議員が自民党の都連副会長も務めている東京です。

その東京都民が都議選でどのような判断を示すか注目されます。

世界の趨勢である受動喫煙防止に猛反対の自民党の喫煙オジサン達。

代議士とは、選挙区の有権者の多数派意見を国政に反映するのが仕事のはず。

その代議士でありながら、喫煙者としての個人的希望で受動喫煙防止に猛反対する自民党の喫煙オジサン達。

職場の受動喫煙に苦しんでいるのはガン患者の方々だけではありません。多くの一般の健常者も苦しんでいる事実を夢にも発想できない自民党の喫煙オジサン達。

自分が与えている受動喫煙を子供や孫にクレームされたことがないらしいですね。

それだけの理由で、「受動喫煙の被害なんかない」と主張する無神経な自民党の喫煙オジサン達。

世界からも時代からも乖離している自民党の喫煙オジサン達。なんと、全自民党議員の半数以上の喫煙オジサン達。

そんなオジサン達による昭和のオジサン政治に終止符を打って欲しいのは私だけ?

典型的な昭和オジサンである私が言うのも変ですが、「オジサンのオジサンによるオジサンのための自民党政治」は、もうそろそろ勘弁して欲しいです。





x

by robocop307 | 2017-05-23 10:26 | つぶやき  

映画『メッセージ』

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら

【 メルマガ申込みは → こちら
【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】

映画『メッセージ』_d0168150_20311117.jpg
公式サイトより引用】

見てきました。2回も見た『パッセンジャー』での予告編を見て以来、ずっと楽しみにしていたSF映画です。

しかし、なぜか、普段、私が車で行く映画館、つまり、予告編を見た映画館では上映していません。ですので、わざわざ電車に乗って遠方の映画館まで見に行ってきました。

最初は、あの名画『未知との遭遇』の続きのような感じで始まります。

個人の好みにもよると思いますが、私には、映像で見るより小説で読むタイプの物語に感じました。

とは言え、一つの作品に対する印象は人それぞれのはずです。私の感想が絶対ではありません。

見る予定だった人は是非、見てください。きっとワクワク楽しめると思います。

私も「時間は流れるものではない・・・」なんていう既成概念を打ち破る発想にワクワクしながら見てました。









x

by robocop307 | 2017-05-20 20:34 | テレビ、映画評論  

魔法のビールサーバー

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら

【 メルマガ申込みは → こちら


【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】

魔法のビールサーバー_d0168150_08552972.jpg
先月買いました。当たりでした。

缶ビールだけではなく、缶ノンアルコール・ビールも魔法のように美味しくなります。

意味不明に感じると思いますが、長年、缶ビールは、その不味さに対して、私の憎しみの対象でした。

どの高額な有名缶ビールを買っても、一口、口に含んだだけで、顔をしかめてしまうような不味さに、いつも怒り爆発でした。

その度に、有名タレントが美味しそうに飲んでるそのビールのCMを詐欺のように感じ、一人怒っていたのです。

純正な缶ビールでさえ不味いのに、ビールに似せた発泡酒というものが世の中に存在する意味が分かりませんでした。

いつしか、缶ビールは、飲食店で飲む生ビールのレベルには絶対到達しないという確信を持つようになりました。

そのうち缶ビールは飲まなくなり、缶で飲むときは、缶のハイボールに変わりました。

ところが、飲食店で出される生ビールと市販されている缶ビールとでは、中身に違いはないという情報をどこかで得ました。

えっ???では、飲食店で飲む生ビールと缶ビールとの味の違いは、「注ぐ」か「注がない」か、の差に過ぎない、ということなのでしょうか?

そこで、この仮説の真偽を確かめたくて、自宅で実験してみました。冷凍庫で冷やしたどんぶりをテーブルに置き、1m以上の高さからそのどんぶりに缶ビールを注いでみたのです。なるべく泡立つようにです。

最初は全てが泡になります。泡が少し消えて、液状のビールにかなり戻ったところで、冷凍庫で冷やしておいたジョッキに移します。

それを飲んでみたら、「美味しい!」までにはなりませんが、私がいつも顔を歪めて感じる「不味い!」が消えているように感じました。

確かに、缶ビールの不味さの原因は「注がず、直接飲んでる」ことだと確認できました。

しかし、毎回、どんぶりに注ぐのは面倒だし、仕事帰りの新幹線の中ではできません。ですので、やはり、缶ビールからは遠ざかっていました。
魔法のビールサーバー_d0168150_08593426.jpg
しかし、写真の魔法のビールサーバーが解決してくれました。

単三電池2本の力で発生させる超音波が、缶ビールをジョッキ等に注ぐときに美味しい泡を発生させるのです。

「超音波」と広告されていたとはいえ、商品到着前は、ひょっとして音がウルサイのではと心配していました。しかし、なんと本当に無音でした。

肝心な味ですが、飲食店で飲む生ビールの90%にまで達しているように感じました。驚きでした!

但し、あくまで私の個人的感想なので、皆さまに保証するものではありません。

サーバーの構造もシッカリとしていて、いかにも「メイド・イン・ジャパン」と実感できる高品質でした。安っぽい「おもちゃ感」はなく、壊れそうにありません。この点でも安心してお勧めできます。

いつか新幹線の中でも試してみようと思います。

「グリーンハウス 缶ビール用 超音波式ハンディ ビールサーバー」という商品名です。

このサーバーをAmazonに注文したとき、下の写真の断熱タンブラーも一緒に買いました。
魔法のビールサーバー_d0168150_09275427.jpg
我が家には真空断熱タンブラーが既に山ほどあります。しかし、このドウシシャ製は、真空断熱層の内側に、さらに保冷剤が入っています。

ですから、普段、このタンブラー自体を冷凍庫に保存して、内部の保冷剤をガチガチに凍らせておくのです。

ビールをただの断熱タンブラーで飲む場合、室温との断熱だけが保冷効果です。

しかし、このドウシシャ製のタンブラーでは、さらにガチガチに凍った保冷剤により強力な保冷効果が上乗せされるのです。

ビールに氷を入れることは野暮です。しかし、このタンブラーでは、まるでビールに氷を入れたような保冷効果があります。しかも、氷が徐々に解けてビールが薄くなるという悲劇も起こりません。

ただ、このタンブラーは、やや重いということと、内側にビールが凍結した膜ができることが難点かもしれません。

私のように飲むスピードがめちゃめちゃ速い人間には、凍結した分だけ、飲めるビールの量が少し減るからです。(^^;







x

by robocop307 | 2017-05-18 09:01 | つぶやき  

フジテレビのCRISIS

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら

【 メルマガ申込みは → こちら


【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
フジテレビのCRISIS_d0168150_20374886.jpg
【フジテレビの公式サイトより引用】

見てます。あの雰囲気、テンポ好きです。主人公たちが暗い影を背負っている雰囲気も好きです。

このドラマの乗りは、万人受けはしないでしょう。あの暗さに好き嫌いがありそうです。

ブルース・リーのファンだった私の目にも、切れ味のいいアクションは見応え十分です。

巨悪をテーマにしていて、主人公たちが時折り見せる「やるせなさ」も好きです。

巨悪とは権力者とは限らず、社会に蔓延するどうにもならない矛盾や不公平であったりします。

巨悪のテーマは、韓ドラも得意とするところなので頻繁に見てきましたが、CRISISもいいです。

主人公たちの特捜班を作ったとされる、長塚京三さんが演じる上司が特に好きです。

できれば正義感を行動原理としたい現場の主人公たち。そんな現場と巨悪との板挟みの立場にあるのが長塚さんです。

組織人としての厳しい制約の中、それでもなんとかギリギリで正義を通そうとします。

そんな長塚さんの重厚な存在感がドラマの質感をいっそう高めています。











x

by robocop307 | 2017-05-15 20:40 | テレビ、映画評論  

宇賀なつみアナの結婚

【 藤沢晃治の公式サイトは → こちら

【 メルマガ申込みは → こちら


【このブログは、過去の記事を含めて、より分かりやすくするために常時、推敲しています。】
宇賀なつみアナの結婚_d0168150_16481204.jpg
テレビ朝日のサイトより引用】

男性なら誰でも彼女のロスになるでしょう。

宇賀さんの単なるファンであること以外、もちろん、彼女とはなんの関係もない私です。

それでも、ロスになるかもという点では私も例外ではありません。

大学時代の同級生とご結婚とは、なんと爽やかなロマンスでしょう!お幸せに!







x

by robocop307 | 2017-05-14 16:51 | つぶやき